主婦A子のブログ

主婦A子の絶品おうちごはんバナー
休日にゆっくりと楽しむカレー作り

こんにちは、主婦A子っす。

世間はゴールデンウィークっつうことで、10連休とかなんとか。

執筆依頼、オリジナルレシピ依頼などなど、きっちりと納期を守るおっ母は締め切りも抱えておらず、クライアント様も連休に入ってしまったため、つまりはものすげえひま。

こんなときこそ我が暗黒サイトのレシピページ制作に取り掛かればよろしいわけではありますが、ぶっちゃけ面倒くさい。

人混みを超絶嫌うため、連休中にお出かけなんか行きたくねえし~、まして旅行なんぞぜってえ行きたくねえし~、ということで、huluのワンパンマンに夢中になっているチビ助をよそに、とりあえずブログでも更新しとこうかと。

 
そう、同じように人混みを憎み混雑を呪い、おうちでひっそりとぬくぬくしている方が幸せといったママさん、野郎どもも必ずやいる、と思う。たぶん…

そのような同志たちと心を通わせるべく、作って楽しい食べておいしい「休日に楽しむカレー」なんてテーマをネタに、本日のブログをぶっちぎりたいと思います。

 
カレー粉で作ったカレーライス

という感じでまずはカレー粉で作るカレーライスから。

主婦A子のレシピでも屈指の人気を誇るカレールーで作る、絶品カレーのレシピなんてページもありますが、休日に楽しく作ろうというコンセプトなら、ルーにたよらずカレー粉で作るこんなカレーライスもおすすめ。

カレー粉でおいしいカレーが作れるのか?

作れます。

これがまた市販のルーとはちがった味わいの、いわゆる手作りなカレーに仕上がります。

ほか、隠し味をくわえて味に深みを出すことで、ぐんとおいしいオリジナルカレーに。

カレーの隠し味として知られるヨーグルトやチョコレート、ケチャップ、ウスターソースなどは、市販のカレールーではなく、このカレー粉で作るカレーだからこそ生きてくる隠し味。

レシピページでは基本となる調味料にちょろっと手をくわえて万人受けとなっているので、ぜひお好みの隠し味を足してオリジナルのお母さんカレーを作っていただければと。

まさに作って楽しい、食べておいしいカレーに仕上がります。

 
牛すじカレー

次なるおすすめは、同じくやたらと人気のある牛すじカレー

カレー粉で作るカレーはそれほど煮込む必要はありませんが、この牛すじカレーはじっくりと煮込むことで、画像のようによりあやしく、黒くかがやく濃厚なカレーに。

また牛すじの下処理、下ごしらえにちょろっとひと手間かかるので、休日にのんびりと作るにはうってつけのカレーでございます。

 
この牛すじっつうのは旨味抜群。また同じようにしっかりと旨味のある牛スネ肉よりもぐんとお安く、かなり優秀な食材。

煮込めば煮込むほどとろっとやわらかく、あとから濃厚な旨味がついてくる、絶品の牛すじカレーに仕上がります。

 
ほか、こういった食材は男子から絶大な支持を受けるので、なんだったらごろんと寝転んでいるパパさんに作ってもらう、またチビ助に手伝ってもらうなどなど、野郎どもをうまく操作して作らせちまうといった裏技も、休日ならではのテクニック。

 
休日にお父さんがやたらと張り切って作る、あまりおいしくないカレーという懸念も生まれますが…

大丈夫、主婦A子のレシピなら抜群にうまい牛すじカレーができあがります。たぶん…

牛すじ肉を使ったおいしい牛すじカレーのレシピを画像で追いながら詳しく掲載。牛すじの下処理からくさみのない煮込み方、おいしい牛すじカレーに仕上げるコツまで。圧力鍋を使わずとろとろになるまで煮込んだ、おいしい牛すじカレーのレシピです。

 

ドライカレー

ほか、こんなカフェ風なドライカレーもおすすめ。

ただただスパイシーな刺激ではなく、フルーティーな香りの甘味をくわえることで、はじめのひとくちは甘味と旨味、あとからぴりっとスパイシーな辛味がついてくる絶品のドライカレーに。

このフルーティーな甘味をプラスするだけで、おしゃれなカフェ~でいただくようなドライカレーに仕上がりますが、そのフルーティーな甘味とはなんぞ?と問われれば…

ずばりマーマレード

手の込んだレシピにすれば、マンゴーやらなにやらのフレッシュなフルーツを使うのがベストではありますが、よりお手軽簡単においしいドライカレーを作るのであればマーマレードが◎。

いちおうレシピページではリンゴやビワを使った場合、といったものも掲載しておりますが、マーマレードで作る簡易チャツネでも、ぐんとおいしいドライカレーが作れます。

 
また、画像のようなパク森やカフェ・ハイチ風といった盛り付けにすると、ど~んと見栄えのよいドライカレーに。

この見栄え、盛り付けといったものはかなり重要なポイントになりますが、葉野菜だのトマトだのを添える必要もなく、もうそのままずばり画像のように盛り付け、パセリなんかをちらせばね、それだけ。

大量に作れるし3~4日は保存が効くので、おもてなし~な休日おうちランチにも便利。

またお好みにはなりますが、パクチーなんかをちらしても◎。あのあやしく魅惑的な香りで、ふだんの家庭料理とはまたちがったドライカレーができあがります。

 

GWのおすすめレシピ、イメージ画像

以上、そんなような感じで、休日に楽しむカレー作りなんてものを書かせていただきましたが、このほか先日制作したカテゴリーページ、ゴールデンウィークのおすすめレシピ、なんてのもあります。

こちらは引きこもって作るレシピだけでなく、スペアリブのBBQ焼きダッチオーブンで焼く、丸鶏のローストチキンなど、アウトドアレシピも掲載。

 
カレーのレシピはもちろん、どのレシピも画像てんこ盛りで1工程づつやたらと詳しく掲載しているので、ぜひご活用していただければと。

 
ではでは、連休中は完全に引きこもりのおっ母ではありますが、本日も張り切って主婦業に励みたいと思います。

   

sponsored link

コメント

  • レシピ、参考にさせてもらいました。
    自分の不手際で失敗したところもありますが、
    味は申し分なかったです。
    多謝!

    by ken_low €2019年5月7日 9:08 PM

    • 押忍、コメントありがとうございます。
      おっしゃるとおり小麦粉とバターを水っぽくなるまで炒めるというのが、なかなかにむずかしいところ。

      一気に色が変わって水っぽくなるので、ここまで炒めればオリジナルカレールーのできあがりっす!

      最終的にはおいしいカレーライスに仕上がったとのこと、ひじょうにうれしく思います。

      by aco €2019年5月8日 7:19 AM

down

コメントいただけるとよろこびますっ




主婦A子のレシピ-ランキング

書籍化

余白
主婦A子の絶品おうちごはん

主婦A子の絶品おうちごはん

twitter



sponsored link