主婦A子のレシピ-ロゴ

11/21 Wed

市販のカレールーで作る、絶品カレーのレシピ

カレールーを使った美味しいカレーのレシピ、イメージ画像

市販のルーの旨味を引き出す隠し味からコツまで、美味しいカレーの作り方

ちょっとした隠し味とコツで、いつものカレーをぐんと美味しいものに。市販のカレールーの旨味をさらに引き出す、絶品カレーの作り方です。

余白
余白
美味しく作るコツアイコン

市販のカレールーで作る絶品カレーのポイント

メーカーさんの開発した市販のカレールーは、研究に研究を重ねた誰もが美味しいと思うもの。

隠し味やなんだと下手に手を加えるとしつこいだけのカレーになってしまいますが、このレシピの分量と作り方なら、ルーの量を抑えつつも、ちょっとした隠し味とコツでいつものカレーをぐんと美味しいひと皿に。

玉ねぎの甘味と旨味、ニンニクの香りと肉の旨味で味に深みを出し、砂糖と鷹の爪で甘味と辛味を強調。カレールーの旨味をさらに引き出した、簡単でおいしいカレーのレシピです。

余白
SNSアイコン
ツイッターバナー フェイスブックバナー はてブ!バナー
余白
カレールーを使った美味しいカレー

■材料 6~8皿分

  • ・カレールー…5皿分
  • ・豚バラ、または豚肩ブロック…300g
  • ・じゃがいも…3~5個(200~250g)
  • ・ニンジン…中1本
  • ・玉ねぎ…1~2個(400gぐらい)
  • ・ニンニク…2~3片
  • ・生姜…5g
  • ・バター…5g
  • ・オリーブオイル…大さじ1/2~1
  • ・塩胡椒…適量
  • ・一味唐辛子…小さじ1
  • ・砂糖…小さじ2
  • ・水…700cc
  • ・牛乳…50ml
  • ・トマトジュース…50ml
  • ・赤ワイン…100ml
  • ・ローリエ…1~2枚
余白
調理時間アイコン調理時間:55分(時間外を除く)
カロリーアイコンカロリー:650kcal/1人分(ごはんを含む)
余白
玉ねぎ、じゃがいも、ニンジン、ニンニク、生姜の量の目安 玉ねぎ、じゃがいも、ニンジン、ニンニク、生姜の切り方 じゃがいもを水にさらす

■野菜を切り分ける

・玉ねぎを薄切り、ニンジンを乱切り、ニンニクと生姜をみじん切りにする。

・じゃがいもを半分~4等分に切り、水に10分ほどさらす。

★野菜の量は画像を目安に。じゃがいもはあくを抜くために水にさらしておきます。

余白
鍋にバターと玉ねぎを入れる 弱火で玉ねぎを炒める 飴色になった玉ねぎ

■玉ねぎを飴色に炒める

・鍋にバターを溶かし、玉ねぎと塩ひとつまみを入れて飴色になるまで炒める。

・飴色になったら別皿にうつしておく。(鍋は洗わない)

★ペーストではなく飴色になるまで炒めます。

★少し時間がかかりますが、焦がして色を付けるのではなく弱火でじっくりとローストして飴色にします。

余白
美味しく作るコツアイコン

飴色の玉ねぎ

オニオンペーストや飴色になるまで炒めた玉ねぎは、味見をするとびっくりするほど甘味が出ています。

少し時間がかかりますが、じっくりと玉ねぎを炒め、自然な甘味とコクを引き出すことで味に深みのある美味しいカレーに。塩ひとつまみを加えることで、浸透圧により玉ねぎの水分が抜けやすくなるので、炒める時間の短縮になります。

余白
豚バラブロック300g 豚バラブロックの切り方

■豚肉の下準備

・豚バラ、または豚肩ブロックを2~3cmぐらいの角切りにする。

・角切りにした豚肉に軽く塩胡椒をしておく。

★豚肉は旨味の強い豚バラか豚肩のブロックを。野菜と豚肉を大きめに使うことで具がゴロゴロとしたカレーに仕上げます。

余白
ニンニクと生姜を炒める 豚肉の炒め方 炒めた豚肉

■豚肉を炒める

・玉ねぎを炒めた鍋にオリーブオイルを引く。

・ニンニクと生姜を入れて香りが出るまで弱火で炒める。

・火加減を中火にし、豚肉と赤ワイン大さじ1(分量外)を入れてざっと炒める。

★赤ワインを入れて炒めることで、豚肉の臭みを消して香りをつけます。


余白
余白
ニンジンを入れて炒める 砂糖と一味を入れて炒める 飴色玉ねぎを入れる

■野菜を炒める

・ニンジンを入れ、油をからめるようにざっと炒める。

・砂糖と一味唐辛子を入れ、ざっくりと混ぜたら飴色玉ねぎを入れる。

★砂糖と一味唐辛子を加えることで、最初の一口目は甘味と旨味を感じ、後からピリッとした辛さがついてくるカレーにします。

余白
水、トマトジュース、赤ワイン、じゃがいもを入れて煮込む カレールーを入れる ひと晩寝かせたカレー

■カレーを煮込む

・水とトマトジュース、赤ワイン、じゃがいも、ローリエを入れて弱火で煮込む。

・じゃがいもがやわらかくなったら一度火を止め、牛乳とカレールーを加える。

・火を止めたままカレールーを溶かす。

・カレールーが溶けたら弱火で10分ほど煮込んで火を止め、冷めるまで寝かせる。(時間外)

★あくはそれほど気にせず、沸いたら一度取り除くぐらいに。旨味まで取ってしまわないようにして下さい。

余白
美味しく作るコツアイコン

カレーの煮込み方

煮込む際の火加減は沸騰させないように、最後まで弱火が基本。時短のためにはじめだけ沸くまで中火で煮込み、沸いたらすぐに弱火に。くつくつとしずかに沸いているような火加減で煮込みます。

あくはそれほど気にせず、沸いたら一度取り除くぐらいに。旨味まで取ってしまわないように注意。

ルーを溶かして10分程度煮込んだら、しっかりと冷めるまで寝かせるのがポイント。時間に余裕があればひと晩寝かせると、味がなじんでさらに美味しいカレーに仕上がります。

余白
ルーで作ったおいしいカレー

■盛り付ける

市販のルーを使った美味しいカレーの出来上がりです。

ルーの量を抑えているのですこしとろみが弱くなりますが、旨味とコクが増し、甘味と辛味が引き立つ絶品のカレーに。

工程が増えるので面倒に思えるかもしれませんが、実際作ってみると意外と簡単。しつこくなりがちな市販のルーも、赤ワインの香りとトマトジュースの酸味、食欲をそそるニンニクの香りで、普段のカレーとは一味違う高級なカレーに仕上がります。

余白
タイトルアイコン関連レシピ
カレー粉で作る、カレーライスのレシピ

「カレー粉で作る、カレーライスのレシピ」

市販のルーに頼らず、にんにくや生姜、バター、ウスターソースを使ってオリジナルの昭和カレーに。豚肉と野菜を煮込…

余白
余白
余白
SNSアイコン
ツイッターバナー フェイスブックバナー はてブ!バナー
余白
余白
余白
余白
余白
パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
ロールキャベツのレシピ、イメージ画像

ロールキャベツのレシピ

普通のロールキャベツからトマト煮込みまで、楊枝を使わないロールキャベツの巻き方など、おいしいロールキャベツのレシピです。

余白
余白
余白
余白
余白
鍋アイコン

レシピ検索

余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白