12/13 Wed

おいしいドライカレーのレシピ

ドライカレーのレシピ、イメージ画像

カレー粉で作る、簡単でおいしいドライカレーのレシピ

カレー粉とチャツネ代わりにマーマレードジャムを使い、お店でいただくようなフルーティーな香りの本格ドライカレーに。

手順を追えば作り方は簡単。カレーピラフ系ではなく、パク森やカフェ・ハイチ風のおいしいドライカレーです。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
ドライカレー

■材料 2~3人分

  • ・合い挽き肉…100g
  • ・にんにく…1~2片
  • ・生姜…3~5g
  • ・玉ねぎ…中1/2個(100~120g)
  • ・にんじん…1/3~1/2本(50~60g)
  • ・マーマレードジャム…大さじ1と1/2~大さじ2
  • ・パクチーやセロリ、パセリなどのハーブ(お好みで)…適量
  • ・バター…5g
  • ・オリーブオイル…大さじ1
  • ・一味唐辛子…1/4~1/2
  • ・赤ワイン…大さじ2
  • ・トマトジュース…100ml
  • ・ヨーグルト…大さじ1
  • ・ウスターソース…大さじ1/2
  • ・醤油…大さじ1/2
  • ・鶏ガラスープの素…小さじ1/2
  • ・カレー粉…大さじ1
  • ・塩こしょう…適量
  • ・ごはん…人数分
余白
調理時間アイコン調理時間:40分
カロリーアイコンカロリー:755kcal/1人分(ごはんを含む)
余白
分量の目安。玉ねぎ、にんじん、にんにく、生姜。 すりおろした玉ねぎ、にんじん、にんにく、生姜。 イタリアンパセリとスープセロリ、パクチー。

■野菜の下準備

・玉ねぎ、にんじん、にんにく、生姜をすりおろす。

・お好みのハーブ類をみじん切りにする。

★ハーブ類はお好みで。画像はイタリアンパセリとスープセロリ、パクチーになります。

※野菜はすりおろした時に出る水もそのまま使うので、搾らないようにします。

余白
たまねぎをバターで炒める。 水気の飛んできた玉ねぎ。 飴色になったオニオンペースト。

■オニオンペーストを作る

・フライパンにバターとオリーブオイル、すりおろした玉ねぎを入れる。

・焦がさないように飴色になるまで弱火で炒める。

※少し時間がかかりますが、じっくりと火を通してオニオンペーストを作ります。

メモ帳アイコン

・バター…5g  ・オリーブオイル…大さじ1

余白
オニオンペーストを炒めているフライパンにすりおろしたにんにくと生姜、マーマレードジャムを入れる。 一味唐辛子を加える。

■チャツネを作る

・飴色になったオニオンペーストに、すりおろしたにんにくと生姜、マーマレードジャムを入れる。

・火加減は弱火のまま、にんにくの香りが出るまで1~2分炒める。

・途中、一味唐辛子を加える。

★マーマレードジャムは甘さ控えめをおすすめ。

★一味唐辛子の量は小さじ1/4~1/2、レシピでは小さじ1/2を使用。しっかりと辛味がつきますが、甘味と旨味が引き立ち、おいしいドライカレーに仕上がります。

メモ帳アイコン

・マーマレードジャム…大さじ1と1/2~大さじ2  ・一味唐辛子…小さじ1/4~1/2(レシピでは小さじ1/2を使用)

余白
美味しく作るコツアイコン

マーマレードジャムを使った簡単チャツネ

マンゴーやりんごを使った本格チャツネではなく、マーマレードジャムを使って簡単なチャツネを作り、お店でいただくようなフルーティーな香りの本格ドライカレーに。

カレー粉のスパイシーな香りと辛味にチャツネの甘味が加わり、甘さを感じた後にピリッとした辛味がついてくる、おいしいドライカレーに仕上がります。

余白
1/8に切り分けたりんご。 小さめの枇杷2個。 みじん切りにした枇杷。
美味しく作るコツアイコン

フルーツを使ったドライカレー

お手元に果物があれば、本格的なチャツネを使ったドライカレーも◎。

作り方はマーマレードジャム同等、すりおろし、またはみじん切りにした果物をオニオンペーストに加え、しっかりと色がつくまで炒めれば、よりフルーティーな香りのおいしいドライカレーに仕上がります。

果物はりんごやマンゴーの他、枇杷を使ってもおいしいドライカレーに。レシピの分量で、りんごなら1/8~1/4切れをすりおろし、枇杷なら小さめのもの2個をみじん切りにして炒めると、ちょうど良いかと思います。

余白
フライパンにすりおろしたにんじんと合い挽き肉を入れる。 にんじんと合い挽き肉を炒める。 しっかりと火が通るまで炒めた合い挽き肉。

■ひき肉を炒める

・火加減を中火に上げ、すりおろしたにんじんと合い挽き肉、赤ワインを入れる。

・合い挽き肉に火が通るまで3~4分炒める。

メモ帳アイコン

・赤ワイン…大さじ2

余白
みじん切りにしたスープセロリとパクチー。 炒めている合い挽き肉にみじん切りにしたハーブを加える。 ハーブを加えた合い挽き肉を炒める。

■ハーブを炒める(お好みで)

・みじん切りにしたハーブを入れ、ざっと炒める。

★ハーブ類はお好みで。レシピではスープセロリとパクチー少々を香り付けに使用しています。※入れ過ぎると苦味が出るので注意。分量の目安は左画像を参照。

余白
合い挽き肉を炒めているフライパンに、トマトジュースとヨーグルト、ウスターソース、醤油、鶏ガラスープの素を入れる。 カレー粉を入れて煮込む。 出来上がったドライカレーのソース。

■ドライカレーを煮込む

・トマトジュースとヨーグルト、ウスターソース、醤油、鶏ガラスープの素を入れ、かき混ぜながら煮込む。

・途中カレー粉を入れ、水気を飛ばしながら続けて煮込む。

・水気が飛んできたら味見をし、塩こしょうで調える。

★こしょうは気持ち多めに。レシピでは塩小さじ1/2強を加えています。

★水気を飛ばしながら煮込み、丁度よいとろみがついたら出来上がりです。

メモ帳アイコン

・トマトジュース…100ml  ・ヨーグルト…大さじ1  ・ウスターソース…大さじ1/2  ・醤油…大さじ1/2  ・鶏ガラスープの素…小さじ1/2  ・カレー粉…大さじ1  ・塩こしょう…適量(レシピでは小さじ1/2強を使用)

余白
ハイチ風に盛り付けたドライカレー

■盛りつける

皿に盛り付け、パセリを散らす。

★皿にごはんを丸く盛り付け、ハイチ風にドライカレーを平らに乗せると、見栄えも良くカフェランチでいただくような一皿になります。

おいしいドライカレーの出来上がりです。

ワンディッシュのドライカレーもハイチ風に盛り付ければ立派な一皿に。

調理工程が多く感じるかと思いますが、作ってみると意外にも簡単。フルーティーな甘味と酸味、パクチーやセロリなどハーブの香りで、自宅で作ったとは思えないようなおいしいドライカレーに仕上がります。

余白
余白
余白
パクチードライカレー、イメージ画像

パクチーを使った簡単ドライカレー

パクチーをふんだんに使った簡単ドライカレーです。

オニオンペーストは作らず、すべての野菜をみじん切りにして作ります。

余白
パクチー 炒めたひき肉にパクチーを入れる カレー粉を入れて一気に炒める

■パクチードライカレーの作り方

・野菜を全てみじん切りにする。(にんにくと生姜を含む)

・みじん切りにした野菜とひき肉をバターとオリーブオイルで炒める。

・ひき肉に火が通ったら赤ワイン大さじ2とトマトジュース大さじ3を入れ、水気を飛ばしながらケチャップ、ウスターソース、醤油、胡椒で味付けする。

・水気が飛んできたらカレー粉とみじん切りにしたパクチーを入れ、ざっくりと火を通す。

・皿に盛り付け、ちぎりながらパクチーを散らす。

★カレー粉小さじ2、ケチャップ大さじ1。他、ひき肉や野菜、調味料の分量はドライカレーのレシピと同量。最後に味見をして塩こしょうで調えて下さい。

★ひき肉を炒めながら、お好みでチリペッパーか一味唐辛子を加えます。

余白
パクチードライカレー

煮込まずにざっと炒めて一気に作り上げる、時短ドライカレーです。

パクチーの香りを引き立てるためにジャムやフルーツは使わず、甘味のないきりっとした辛さのドライカレーに仕上げています。

余白
余白
タイトルアイコン関連レシピ
カレーピラフ

「カレーピラフ」

野菜と調味料を加えた米を、炊飯器で炊いてからカレー粉で炒める簡単レシピ。 炊飯器へのにおい移りも気にならず、ふんわりぱら…

余白
余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
余白
余白
余白
パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
余白
余白