12/17 Sun

殻付きガーリックシュリンプのレシピ

ガーリックシュリンプのレシピ、イメージ画像

バナメイエビで作る、殻までおいしいガーリックシュリンプのレシピ

ブラックタイガーではなくやわらかいバナメイエビを使えば、殻まで食べられるおいしい殻付きガーリックシュリンプに。マリネ液の作り方から焼き方まで、簡単でおいしいガーリックシュリンプのレシピです。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
殻までおいしいガーリックシュリンプ

■材料 2~3人分

  • ・バナイエビ…15~16尾(200~250g)
  • ・玉ねぎ…1/8個
  • ・にんにく…1片
  • ・バター…5~10g
  • ・オリーブオイル…大さじ1
  • ・塩…適量
  • ・胡椒…適量
  • ・レモン汁…小さじ1
  • ・白ワイン…小さじ1
  • ・パセリ…適量
余白
調理時間アイコン調理時間:20分(時間外を除く)
カロリーアイコンカロリー:208kcal/1人分
余白
玉ねぎとにんにくのみじん切り バナメイエビ/バナイ海老 背に切込みを入れて背わたを抜く

■材料の下準備/下ごしらえ

・玉ねぎ、にんにくをみじん切りにする。

・エビの背にそって、殻と身に尻尾まで切れ込みを入れる。

・背わたを抜く。

★切れ込みは身の中まで少し深めに。包丁で切れない場合は、はさみで殻に切れ込みを入れます。

余白
玉ねぎ、にんにく、オリーブオイル、白ワイン、レモン汁のマリネ液 エビをマリネ液に漬ける

■マリネ液に漬ける

・ボウルに切れ込みを入れたエビを入れる。

・みじん切りにした玉ねぎとにんにく、オリーブオイル、白ワイン、レモン汁を入れる。

・塩胡椒をして混ぜあわせ、冷蔵庫で1~6時間寝かせる。(時間外)

★塩の分量は小さじ1/4弱。バターの塩気もあるので、入れすぎないようにします。

★漬ける時間は1時間以上。1時間も漬ければ美味しくなりますが、6時間程度漬けるとしっかりと味がつき、殻までやわらかくなります。

余白
フライパンにバターを溶かす エビを焼く 焼けたバナメイエビ

■フライパンで焼く

・フライパンを中火で熱し、バターを溶かす。

・エビを入れ、3~4分焼く。

・パセリを散らし、ざっと混ぜる。

★バターの量は5~10g。少し多めのバターで焼くと美味しいガーリックシュリンプになります。

余白
残った玉ねぎとにんにく エビを焼いたフライパンで炒めた玉ねぎとにんにく

■残った玉ねぎとにんにくを焼く

・焼けたエビをフライパンから取り出す。

・ボウルに残ったにんにくと玉ねぎを入れ、しっかりと焼き目がつくまで焼く。

★玉ねぎやにんにくは軽く焦げ目がつくまで焼き、エビやご飯に散らします。

余白
バナメイエビ/バナイ海老のガーリックシュリンプ

■盛りつける

・器に盛り付け、焼いた玉ねぎとにんにくを散らす。

★ごはんを乗せ、ハワイのプレートランチ風にワンプレートで盛り付けると見栄えも良くなります。

殻付きガーリックシュリンプの出来上がりです。

殻をつけたまま調理することでエビの旨味も残り、よりおいしいガーリックシュリンプに。お安いバナメイエビを使い、マリネ液にしっかりと漬けこむことで、殻までやわらかいガーリックシュリンプに仕上がります。

※殻を食べない場合も調理は殻付きのまま。剥いてしまうと旨味の乏しいガーリックシュリンプになります。

余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
余白
余白
余白
クリスマスのごちそうレシピ、イメージ画像

クリスマスのごちそうレシピ

定番のローストチキンからシチューやサラダなど、クリスマスにぴったりな家庭で作るごちそうレシピ特集です。

パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
余白
余白