10/20Fri

ハヤシライスのレシピ

ハヤシライスのレシピ、イメージ画像

市販のルーを使わずに作る、おいしいハヤシライスのレシピ

じっくりと炒めた玉ねぎとトマトジュースを使って、洋食屋さんの懐かしいハヤシライスを再現。赤ワインとバターの香りがおいしい、本格ハヤシライスのレシピです。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
ハヤシライス

■材料 4人分

  • ・牛切り落とし…200~250g
  • ・玉ねぎ…大1個(300g)
  • ・マッシュルーム…3~4個(缶詰でも可)
  • ・にんにく…1~2片
  • ・パセリ…適量
  • ・サラダ油…適量
  • ・バター…30g
  • ・小麦粉(薄力粉)…大さじ4
  • ・赤ワイン…200ml
  • ・牛乳…100ml
  • ・トマトジュース…300ml
  • ・ケチャップ…大さじ1
  • ・醤油…大さじ1
  • ・ウスターソース…大さじ2
  • ・コンソメキューブ…1個(顆粒タイプは小さじ2)
  • ・塩こしょう…適量
  • ・ごはん…人数分

肉の下味

  • ・赤ワイン…大さじ2
  • ・塩…ひとつまみ
  • ・こしょう…適量
余白
調理時間アイコン調理時間:50分
カロリーアイコンカロリー:668kcal/1人分(ごはんを含む)
余白
牛切り落とし肉をボウルに入れる。 下味用の調味料を加えてもみ込む。

■牛肉に下味をつける

・牛切り落とし肉をボウルに入れ、下味用の調味料を加えて軽くもみ込んでおく。

メモ帳アイコン

●肉の下味の調味料 :  ・赤ワイン…大さじ2  ・塩…ひとつまみ  ・こしょう…適量

余白
分量の目安。玉ねぎとマッシュルーム、にんにく、パセリ。 薄切りにしたマッシュルームと、みじん切りにしたにんにく。 薄切りにし玉ねぎと、くし切りにした玉ねぎ。

■野菜を切り分ける

・にんにくをみじん切り、マッシュルームを薄切りにする。

・玉ねぎを縦2等分に切り分け、半分をごく薄切り、もう半分をくし切りにする。

★マッシュルームは水煮で代用可。分量は固形量70gぐらい、小さめの1缶分になります。※汁は捨てず、煮込む際に一緒に入れると旨味が増します。

★パセリは香りが飛ばないように、盛り付ける直前にみじん切りにします。

余白
美味しく作るコツアイコン

玉ねぎの使い方

玉ねぎは半分を薄切りに、もう半分をくし切りに。

薄切りにした玉ねぎは甘味のあるハヤシライスに仕上げるための素材、くし切りの玉ねぎは具として使います。

玉ねぎの分量は大きめの玉ねぎ1個分300g前後。多めに使うことでおいしいハヤシライスになるので、小さなものや中ぐらいの玉ねぎを使う場合は分量を調整して下さい。

余白
油を引いて熱した鍋に、牛肉とくし切りにした玉ねぎを入れる。 牛肉とくし切りにした玉ねぎを炒める。 別皿に移した牛肉と玉ねぎ。

■牛肉と玉ねぎを炒める

・鍋に油を引き、中強火で熱する。

・牛肉とくし切りにした玉ねぎを入れ、牛肉の色が変わるまでざっと炒める。

・牛肉の色が変わったら別皿に移しておく。

★鍋は洗わず、そのまま使います。

余白
牛肉とくし切りにした玉ねぎを炒めた鍋に、バター20gを入れる。 薄切りにした玉ねぎを入れる。 玉ねぎを弱火で炒める。

■玉ねぎを炒める

・鍋にバター20gと薄切りにした玉ねぎを入れ、弱火でじっくりと炒める。

★バターは分量から20g。残り10gは後で使います。

余白
きつね色になるまで炒めた玉ねぎ。 炒めている玉ねぎに、にんにくを加える。 にんにくの香りが出るまで炒める。

・玉ねぎがきつね色になったらにんにくを加え、香りが出るまで1~2分炒める。

余白
美味しく作るコツアイコン

甘味を引き立てる

薄切りにした玉ねぎをきつね色になるまで炒めることで、自然な甘味のあるおいしいハヤシライスに仕上がります。

余白
きつね色になるまで炒めた玉ねぎに、小麦粉を加える。 玉ねぎの繊維を崩すように練りながら炒める。 こげ茶色になるまで炒めた、小麦粉をまぶした玉ねぎ。

■小麦粉を炒める

・鍋に小麦粉大さじ4と残りのバター10gを入れる。

・玉ねぎの繊維を崩すように練りながら、そのまま弱火で7~8分炒める。

★もったりとして練りにくいかと思いますが、鍋底に焼き付いた小麦粉をこそげ落としながらじっくりと7~8分炒めます。

※焦げ付かないように注意。焼き目が付いても問題ありませんが、黒く焦げ付くようなことはないように注意して下さい。

余白
美味しく作るコツアイコン

香ばしさとコク

小麦粉をしっかりと炒めることで、粉っぽさのないおいしいハヤシソースに。

小麦粉を加えると練りにくくなり、鍋底に焼き付くようになるかと思いますが、これをこそげ落として煮込むことで、ハヤシソースに香ばしさとコクが生まれます。

余白
玉ねぎと小麦粉を炒めている鍋に、赤ワインを注ぐ。 赤ワインで溶かしながら、玉ねぎと小麦粉を練る。 赤ワインを鍋にすべて注ぐ。

■赤ワインを加える

・玉ねぎと小麦粉を練りながら、少量ずつ赤ワインを注いで溶かす。

メモ帳アイコン

・赤ワイン…200ml

余白
鍋に炒めた牛肉と玉ねぎ、マッシュルーム、牛乳、トマトジュース、ケチャップ、醤油、ウスターソース、コンソメを入れる。 弱火で煮込む。 煮込み終わったハヤシライスのソース。

■ハヤシソースを煮込む

・鍋に炒めた牛肉と玉ねぎ、マッシュルームを入れる。

・牛乳とトマトジュース、ケチャップ、醤油、ウスターソース、コンソメを入れる。

・火加減を強火に上げ、沸いたら弱火に落として20分煮込む。

・途中、味見をして塩こしょうで調える。

★アクは取らず、ふつふつと静かに沸いているような火加減で20分煮込みます。

メモ帳アイコン

・牛乳…100ml  ・トマトジュース…300ml  ・ケチャップ…大さじ1  ・醤油…大さじ1  ・ウスターソース…大さじ2  ・コンソメキューブ…1個(顆粒タイプは小さじ2)  ・塩こしょう…適量

余白
美味しく作るコツアイコン

おいしいハヤシライスの味付け

ベースはトマトジュースと赤ワインになりますが、水を使わず牛乳を加えることで濃厚なハヤシライスに。

煮込み始めは牛乳の白さが目立っていても、煮込んでいるうちに赤茶色のおいしそうなハヤシソースに変わってきます。

味付けの基本はウスターソースとケチャップ。この甘味の目立つ調味料に醤油を足すことで、ぼんやりとした味がきりっと引き締まります。

煮込みながら味見をし、何か一味足りないといった時は塩こしょうで調整。塩を足すだけで味が決まることが多いので、他の調味料を使う前にまずは塩こしょうを足してみて下さい。

余白
ハヤシライス

■盛り付ける

・皿にごはんを盛り付け、ハヤシソースをかける。

・お好みでパセリのみじん切りをちらす。

市販のルーを使わない、おいしいハヤシライスの出来上がりです。

デミグラスソースで作るハッシュドビーフではなく、昭和の洋食屋さんでいただくような懐かしいハヤシライスに。

じっくりと炒めた玉ねぎの甘味とトマトジュースのほどよい酸味、赤ワインとバターの香りがおいしい、本格ハヤシライスです。

余白
タイトルアイコン関連レシピ
ハッシュドビーフ

「ハッシュドビーフ」

ルーは使わずデミグラスソース缶と赤ワイン、トマトジュースを使って本格ハッシュドビーフに。しいたけやシメジ、エリンギなど…

カレー粉で作る、カレーライスのレシピ

「カレー粉で作る、カレーライスのレシピ」

市販のルーに頼らず、にんにくや生姜、バター、ウスターソースを使ってオリジナルの昭和カレーに。豚肉と野菜を煮込…

余白
余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
余白
余白
余白
パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
夏のレシピ、イメージ画像

夏こそ食べたい、おいしいレシピ

さっぱりレシピからスタミナ料理まで。和食はもちろん、カレーやにんにく料理、辛いレシピなど、夏バテにも負けない夏メニューレシピ。

余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
余白
余白