12/13 Wed

枇杷酒(びわ酒)の作り方

枇杷酒のレシピ、イメージ画像

おいしい枇杷酒(びわ酒)の作り方

β-カロテンなど栄養も豊富な枇杷を使っておいしい果実酒に。

ホワイトリカーを使ったレシピからブランデーでの作り方まで。種まで使えば杏仁豆腐のような香り高い枇杷酒が出来上がります。

余白
レシピをざっくりと言うとアイコン

レシピをざっくりと言うと

果実酒用の保存瓶を洗剤で洗い、ホワイトリカーを使ってアルコール消毒を。

同じくよく洗って乾かした枇杷とレモンの輪切り、氷砂糖を保存瓶に入れ、ホワイトリカーを注いだら出来上がり。

飲めるようになるのは3ヶ月後。1年以上寝かせると、口当たりの良いまろやかな枇杷酒になります。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
コップに注いだ枇杷酒の水割りと、保存瓶に入った枇杷酒

■材料 果実酒用4リットル保存瓶、1瓶分

  • ・枇杷…1kg~
  • ・ホワイトリカー(35度)、またはブランデー…1.8L
  • ・氷砂糖…500g
  • ・レモン…1個
余白
調理時間アイコン調理時間:30分(熟成期間を除く)
カロリーアイコンカロリー:143kcal/水割り、グラス1杯分
余白
果実酒用4リットル保存瓶。 袋に入った氷砂糖。 ホワイトリカー1.8L(35度)。

■びわ酒作りの下準備

・保存瓶を洗剤で洗い、しっかりと乾かす。

・少量のホワイトリカーを保存瓶に入れ、キッチンペーパーで中全体を拭いてアルコール消毒をする。

・氷砂糖500gとホワイトリカー(35度)、またはブランデーを1.8リットルを用意する。

★蓋の内側も拭いてアルコール消毒をします。

※ブランデーを使う場合も同様にアルコール消毒を。一般的なブランデーなら40~50度、果実酒用なら35度のアルコール濃度になるので、しっかりと除菌が出来ます。

余白
美味しく作るコツアイコン

果実酒用の保存瓶は4リットル以上のものを

ホワイトリカーが1.8リットルになりますが、枇杷や氷砂糖でかさが増えるので、保存瓶は4リットル以上のものを用意して下さい。

余白
ざるに入った枇杷1キロ。 洗った枇杷のヘタを取る。 皮を剥いて輪切りにしたレモン。

■枇杷とレモンの下ごしらえ

・枇杷をよく洗い、しっかりと乾かしてからヘタを取る。

・レモンの皮を剥き、輪切りにする。

★水気が残らないように、枇杷はしっかりと乾かして下さい。

余白
保存瓶に枇杷とレモン、氷砂糖を順に入れる。 同様に枇杷→レモン→氷砂糖と順に入れる。 ホワイトリカー以外の材料をすべて入れた保存瓶。

■保存瓶に枇杷を入れる

・保存瓶に枇杷とレモン、氷砂糖を順に入れる。

★枇杷→レモン→氷砂糖、枇杷氷→レモン→砂糖と順に入れます。

★甘めのものがお好みの場合は氷砂糖を増量。基本は500gとなりますが、1キロ入れてもおいしい枇杷酒に。氷砂糖が多いほど、枇杷の香りと旨味がアルコールに移りやすくなります。

余白
枇杷とレモン、氷砂糖の入った保存瓶にホワイトリカーを注ぐ。 保存ビンの蓋をして密閉する。

■ホワイトリカーを注ぐ

・ホワイトリカーをすべて注ぎ、しっかりと蓋をして冷暗所で寝かせる。

★レモンは2~3ヶ月後、枇杷は1年後に取り出します。

余白
美味しく作るコツアイコン

熟成期間

熟成期間は3ヶ月~。1年ほど寝かせると、口当たり良くまろやかに。

数年寝かせればホワイトリカー特有のセメダイン臭も無くなり、芳醇な香りの枇杷酒に仕上がります。

余白
ブランデーを使った枇杷酒。 ブランデーを使った枇杷酒。
美味しく作るコツアイコン

ブランデーを使った枇杷酒

ブランデーを使う場合も作り方は一緒。

枇杷や梅の実が出回る時期になると、ホワイトリカーと同じように果実酒用のブランデーも売られているので、同量の1.8リットルを注いで作っていただければと思います。

画像はブランデーに漬けた直後のもの。ホワイトリカーよりも氷砂糖の溶けが早く、1日で無くなります。

熟成期間も同じように3ヶ月~。期間が長いほどまろやかに、香り高い枇杷酒になります。

余白
小皿に入った枇杷の種。 種も一緒に漬けている枇杷酒。
美味しく作るコツアイコン

種を使った枇杷酒

枇杷を生食やジャム作りでも消費する時は、ぜひ種も使った枇杷酒を。

よく洗った種の水気を切り、実と一緒に漬け込むことで、杏仁豆腐のような香りのおいしい枇杷酒に仕上がります。

余白
1年寝かせた枇杷酒から枇杷の実を取り出す。 実を取り出した枇杷酒。

■枇杷を取り出す

枇杷を入れたままにすると濁りが出始め、実に旨味が戻ってしまうので、1年経ったら枇杷を取り出します。

取り出した枇杷は捨てずに再利用を。種を取り除いて鍋で煮込めば、おいしい枇杷ジャムに。アルコールは飛んでしまうので、お子様でも安心していただけます。

種はそのまま戻しても◎。さらに漬け込むことで種からも香りと旨味、またガンに効くと言われるアミグダリンが抽出されるので、取り除いた種をそのまま保存瓶に戻せば、さらに無駄なくおいしい枇杷酒に熟成されていきます。

★ジャムはとろみが付くまで鍋で煮込み、途中味見をしながら砂糖をプラス。仕上げにレモン果汁を少量加えると、おいしい枇杷ジャムに仕上がります。

※枇杷の種には有害物質が含まれているため、枇杷酒として漬け込む以外は絶対に食べないようにして下さい。

余白
保存瓶の口に濾し網を入れる。 濾し網にキッチンペーパーをかぶせ、枇杷酒を濾す。 濾して保存瓶に落ちてきた枇杷酒。

■枇杷酒を濾す

実を取り出し、一度濾すことで、雑味のない枇杷酒に。

別に用意した保存瓶の口に濾し網を入れ、キッチンペーパーをかぶせて枇杷酒を濾します。

なかなか落ちないので少し時間がかかりますが、意外と小さなゴミが浮いているので、面倒でも一度濾すことをおすすめします。

余白
保存瓶に入った枇杷酒。

■枇杷酒の出来上がり

1年ほど寝かせ、実を取り出して濾した枇杷酒です。

漬け込み始めた頃とは違い、しっかりと熟成されて琥珀色に。ここから1年2年と経過するとさらに熟成が進み、香りも味も一段と増して、自家製ならではのおいしい枇杷酒に仕上がっていきます。

※35度のホワイトリカーを使っているので、10年は持つかと思います。

余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
余白
余白
余白
パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
余白
余白