10/21Sat

きゅうりとみょうがの浅漬け

きゅうりとみょうがの浅漬けのレシピ、イメージ画像

塩昆布で簡単、きゅうりとみょうがの浅漬けのレシピ

塩昆布と醤油をもみ込むだけと作り方は簡単。きゅうりを叩いてしっかりと味のしみ込んだ浅漬に。

簡単でおいしい、きゅうりとみょうがの浅漬けのレシピです。

余白
レシピをざっくりと言うとアイコン

レシピをざっくりと言うと

きゅうりとみょうが、生姜、鷹の爪に塩昆布と醤油をもみ込み、冷蔵庫で冷やすだけの簡単レシピ。

包丁の腹を使ってたたききゅうりにすることで、しっかりと味のしみ込んだおいしい浅漬に仕上がります。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
きゅうりとみょうがの浅漬け

■材料 2人分

  • ・きゅうり…1本
  • ・みょうが…1個
  • ・生姜…薄切り1~2枚
  • ・鷹の爪(お好みで)…1/2本
  • ・塩昆布…5g
  • ・醤油…小さじ1/2
余白
調理時間アイコン調理時間:6分
カロリーアイコンカロリー:12kcal/1人分
余白
分量の目安。きゅうりとみょうが、生姜、鷹の爪。 縦2等分に切り分け、薄く斜め切りにしたみょうが。 千切りにした生姜と、小口切りにした鷹の爪。

■みょうが、生姜、鷹の爪を切り分ける。

・みょうがの根本を切り落として縦2等分に切り分け、薄く斜め切りにする。

・生姜を千切り、鷹の爪を小口切りにする。

余白
まな板に置いて塩をまぶしたきゅうりを手で転がす。

■きゅうりを板ずりする

・まな板にきゅうりを置き、塩小さじ1(分量外)をまぶす。

・まな板にきゅうりを軽く押し付けながら、手でごろごろと転がす。

・ざっと流水で流す。

★板ずりすることで青臭さが抜け、味がしみ込みやすくなります。

余白
きゅうりに包丁の腹を押し付けて割れ目を入れる。 縦ふたつに割ったきゅうり。 食べやすい大きさに手で割ったきゅうり。

■きゅうりを叩く

・きゅうりに包丁の腹を押し付けて割れ目を入れ、縦ふたつに割る。

・食べやすい大きさに手で割る。

★包丁の腹で割る際に力がいるので注意。ぐぐっと一息に押しつけ、端から全体を割っていきます。

余白
美味しく作るコツアイコン

たたききゅうりにする

麺棒ではなく、どのご家庭にもある包丁を使って簡単なたたききゅうりにすることで、しっかりと味のしみ込んだ浅漬けに。

板ずりにたたききゅうりにと丁寧な下ごしらえで、よりおいしいきゅうりとみょうがの浅漬けに仕上がります。

余白
分量の目安。小皿に入った塩昆布5g きゅうりとみょうが、生姜、鷹の爪、塩昆布、醤油の入ったビニール袋を手でもむ。 よくもみ込んだ、きゅうりとみょうがの浅漬けの入ったビニール袋。

■きゅうりとみょうがを漬ける

・ビニール袋、またはジップロックにきゅうりとみょうが、生姜、鷹の爪を入れる。

・塩昆布と醤油小さじ1/2を加え、手でもむ込む。

・ビニール袋の空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫で冷やす。

★漬ける時間は30分~。1~2時間も漬けると、しっかりと味のしみ込んだおいしい浅漬に仕上がります。

★醤油の分量は小さじ1/2。いただく際に味が薄いと感じる時は、醤油をかけて下さい。

余白
きゅうりとみょうがの浅漬け

■盛り付ける

きゅうりとみょうがの浅漬けの出来上がりです。

市販の素やだし昆布は使わず、塩昆布と醤油だけで簡単においしい浅漬けに。

保存は冷蔵庫で2~3日可能。翌日まで漬けると旨味が増し、さらにおいしい浅漬けに仕上がります。

余白
余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
余白
余白
余白
パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
余白
余白