9/21Thu

絶品、やわらかチャーシュー(煮豚)のレシピ

チャーシュー(煮豚)のレシピ、イメージ画像

簡単でおいしいチャーシュー(煮豚)のレシピ

豚肉はたれで煮込まず、水と酒、臭み消し用の野菜で煮込み、煮込んだあとにたれにつけるので無駄もなく簡単。

圧力鍋を使った肉の繊維を壊してのやわらかさではなく、肉の旨味をしっかりと残しつつ、やわらかくなるまで弱火で煮込んだおいしいチャーシューのレシピです。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
切り分けた、やわらかくて美味しいチャーシュー

■材料 4人分

  • ・豚肩、または豚バラブロック…500g~
  • ・ネギの青い所…1~2本分
  • ・にんにく…3~4片
  • ・生姜…10g
  • ・酒…200ml

■チャーシューのたれ

  • ・醬油…100ml
  • ・酒…100ml
  • ・砂糖…大さじ1
  • ・塩…小さじ1
余白
調理時間アイコン調理時間:1時間45分(漬け込み時間を除く)
カロリーアイコンカロリー:287kcal/1人分
余白
豚肩ブロック500g。 沸騰した湯に豚肩ブロック肉を入れて下茹でする。 下茹での終わったチャーシュー肉。

■チャーシュー肉を下茹でする

・鍋にたっぷりの水を入れ、強火で沸騰させる。

・豚肩、または豚バラブロックを30~40秒ほど下茹でする。

・湯から取り出しざっと流水で流す。

★豚肩、豚バラはお好みで。

★湯はたっぷりと。下茹ですることで豚肉の表面を固めて旨味の流出を防ぎ、臭みを抜きます。

※チャーシューの縛り方はレシピ一番下、 「チャーシューの縛り方」を参照。

余白
臭み消し用の野菜。にんにくと生姜、ネギの青いところ 鍋にチャーシュー肉と臭み消し用の野菜、酒、水を入れる。 じっくりと弱火でチャーシュー肉を煮込む。

■チャーシュー肉を煮込む

・臭み消し用の野菜を用意し、にんにくを包丁の腹で潰しておく。

・鍋に酒200mlとチャーシュー肉、臭み消しの野菜を入れる。

・水をたっぷりと注いで煮込む。

※火加減は下記「チャーシューの煮込み時間と火加減」を参照

余白
美味しく作るコツアイコン

チャーシューの煮込み時間と火加減

1時間以上煮込むので、水はたっぷりと。

まずは強火で煮込み始め、沸いてきたら弱火~中弱火に。ぷくりぷくりと泡が出るぐらいの火加減で1時間30分煮込みます。

絶対に沸騰させないように注意。一度下茹でしているのでアクは少ないかと思いますが、出てきたら取り除きます。

余白
鍋に砂糖と塩を入れる。 酒を入れる。 醤油を加えてひと煮立ちさせ、出来上がったチャーシューのたれ。

■チャーシューのたれを作る

・鍋にチャーシューのたれの材料をすべて入れる。

・中火でひと煮立ちさせてアルコールを飛ばす。

★甘めのチャーシューに仕上げる場合は砂糖を大さじ2に。

メモ帳アイコン

●チャーシューのたれ :  ・醬油…100ml  ・酒…100ml  ・砂糖…大さじ1  ・塩…小さじ1

余白
煮込んだチャーシュー肉をたれの入った鍋に入れる。 チャーシュー肉全体にたれをからめる。 残ったチャーシューの茹で汁。

■チャーシュー肉にたれを絡める

・チャーシュー肉が煮込み終わったら、熱いうちにたれの入った鍋に入れる。

・全体にたれをからめ、そのまま粗熱を取る。

余白
美味しく作るコツアイコン

残ったチャーシューの茹で汁

残ったチャーシューの茹で汁は、旨味の出たスープと上質なラードとして捨てずに再利用を。

一度冷ますことで固まる脂は上質なラードになるので、チャーハンや野菜炒め、焼きそばを作る際の油として使えば、旨味とコクの増したおいしい料理に。

残ったスープは豚肉の旨味が出ているので、カレーの水代わりに使うとおいしいカレーに仕上がります。

余白
チャーシュー肉とたれをジップロックに入れる。 水を張ったボウルに沈め、空気を抜く。 ジップロックに入れて真空パック状になったチャーシュー肉。

■チャーシュー肉を漬け込む

・粗熱が取れたチャーシュー肉とたれを、ジップロックやビニール袋に入れる。

・ボウルに水を張り、沈めながら空気を抜いて口を閉じる。

・冷蔵庫で寝かせる。

余白
美味しく作るコツアイコン

チャーシューの漬け込み時間

漬け込む時間は一晩~(時間外)、しっかりと味がしみ込むのが2日目以降となります。

たれで煮込んではいないので、味が濃くなりすぎるといったこともなく、1週間~10日はそのまま保存が可能。水に沈めながら空気を抜くことで真空パック状になり、腐敗菌の発生を防ぐことで保存が効くようになります。

また、たれも少量で済むので経済的。残ったたれは炒め物などの醤油代わりや、そのままラーメンのたれに使ったりと、調味料として使えます。

余白
ジップロックに入れてたれに漬けているチャーシューと煮卵 出来上がった煮卵
美味しく作るコツアイコン

チャーシューと一緒にゆで玉子を

チャーシューと一緒にゆで玉子を漬ければ、おいしい煮卵に。

煮卵用のたれではないので味が濃くなりがちですが、ついでに作ると便利かと思います。

タイトルアイコン煮卵のレシピはこちら
煮卵(味玉)

「煮卵(味玉)」

理想の半熟卵の茹で時間から鰹節を使った煮卵のたれまで。黄身が飴色の煮卵レシピ。

余白
余白
切り分けた、やわらかくて美味しいチャーシュー

■漬け込んで3日目のチャーシュー(煮豚)

漬け込んで3日目のチャーシューです。

切りたてはほんのりとピンクの断面に。煮込む際の火加減がうまくいくと、ラーメンに入れた際に温まって崩れそうになるぐらいやわらかく仕上がります。

味が薄いと感じる時は、チャーシューのたれを煮詰めてかけたり、さっぱりとポン酢でいただいてもおいしいチャーシューに。

同じ作り方をしても、肉質によって味ややわらかさはまちまち。失敗することも少ないので、何度か作ってみて、お好みの煮込み時間や漬け込み時間を探求するのも楽しいかと思います。

余白
余白
美味しく作るコツアイコン

チャーシューの縛り方

チャーシュー用ネットを使わずタコ糸で縛る場合は、下記画像の手順を追いながら縛っていきます。

チャーシュの縛り方、手順① チャーシュの縛り方、手順② チャーシュの縛り方、手順③

①.チャーシュー肉の形を整え、スタート地点にタコ糸をぐるっと一周させて縛る。

②.画像を参考に、少し進めた位置でタコ糸を一周させる。

③.一周させたタコ糸を裏から通して交差させる。

余白
チャーシュの縛り方、手順④ チャーシュの縛り方、手順⑤ チャーシュの縛り方、手順⑥

④.タコ糸を張りながら、少し進めた位置でタコ糸を一周させる。

⑤.①~④を繰り返す。

⑥.タコ糸を張りながら裏返す。

余白
チャーシュの縛り方、手順⑦ チャーシュの縛り方、手順⑧ チャーシュの縛り方、手順⑨、完成図

⑦.裏面のタコ糸に交差させるようにぐるっと一周させる。

⑧.⑦を繰り返す。

⑨.表に戻し、スタート地点のタコ糸に結びつける。

余白
タイトルアイコン関連レシピ
パラパラチャーハン

「パラパラチャーハン」

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。…

カレールーで作る、おいしいカレー

「カレールーで作る、おいしいカレー」

ちょっとした隠し味とコツでいつものカレーをさらに美味しいものに。カレールーの旨味をさらに引き出す、簡単でおいしいカレーの…

余白
余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
余白
余白
余白
パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
夏のレシピ、イメージ画像

夏こそ食べたい、おいしいレシピ

さっぱりレシピからスタミナ料理まで。和食はもちろん、カレーやにんにく料理、辛いレシピなど、夏バテにも負けない夏メニューレシピ。

余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
余白
余白