7/21Fri

手羽元で作る、チューリップ唐揚げのレシピ

鶏手羽元のチューリップ唐揚げのレシピ、イメージ画像

手羽中よりも簡単、手羽元で作るチューリップ唐揚げのレシピ

お子様にも食べやすいチューリップから揚げは、お弁当はもちろんおつまみにも最適。

簡単にできるチューリップの作り方から下味、上手な揚げ方まで。手羽中よりも簡単な、手羽元を使ったおいしいチューリップから揚げのレシピです。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
鶏手羽元のチューリップ唐揚げ

■材料 2~3人分

  • ・鶏手羽元…6~8本
  • ・にんにく…1/2片
  • ・生姜…3~5g
  • ・醤油…大さじ2
  • ・酒…大さじ2
  • ・小麦粉…適量
  • ・片栗粉…適量
余白
調理時間アイコン調理時間:25分(時間外を除く)
カロリーアイコンカロリー:233kcal/1人分
余白
手羽元の切れ込み 手羽元にハサミで切れ込みを入れる 指を入れて肉と骨を外す

■チューリップを作る

・手羽元の骨が見える側にハサミを差し込み、骨と肉の間に切れ込みを入れる。

・親指をぐっと入れて肉と骨を外す。

★骨と肉の間に筋があるので、ハサミで切れ込みを入れると簡単に指で外せるようになります。

余白
手羽元の肉と骨を外の外し方 肉と皮を切り離す 切り離した手羽元

・指を入れた反対側の、つながっている肉と皮を切る。

★筋を切ってしまえば、簡単に肉が剥けます。

余白
手羽元のスジの切り方 筋を切った手羽元 肉を裏返す

・肉の中の骨とつながっている筋を、ハサミで切りながら肉を剥いていく。

・手でぎゅっと肉を裏返す。

余白
肉を裏返した手羽元 丸めてチューリップにする チューリップの形になった手羽元

・裏返した肉の先を丸める。

★裏返した皮と肉をまとめて、丸めていきます。

余白
から揚げ用の調味たれ 調味たれに漬けて下味を付けているチューリップ

■調味たれに漬ける

・にんにくと生姜をすりおろし、醤油、酒を混ぜて調味たれを作る。

・チューリップにした手羽元を調味たれに30分~1時間漬ける。(時間外)

★生姜の繊維が気になる場合は搾り汁だけを使います。

★生姜の量は3~5gとなっておりますが、お好みで倍に増やしても生姜の効いたおいしいから揚げになるかと思います。

余白
美味しく作るコツアイコン

みりんと砂糖は使わない

チューリップから揚げは普通のから揚げよりも揚げる時間が長いため、黒く焦げ付きやすい砂糖やみりんは使用せず、酒と醤油だけで作ります。

普通のから揚げを作る際も、黒く焦げたようになるといった場合は、砂糖とみりんを控えるようにすると、きれいなきつね色のから揚げになります。

余白
片栗粉と小麦粉 チューリップに片栗粉と小麦粉をまぶす チューリップを揚げる

■チューリップを揚げる

・片栗粉と小麦粉を半々で混ぜる。

・混ぜた片栗粉と小麦粉をチューリップによくまぶす。

・多めの油で揚げる。

★片栗粉と小麦粉は各大さじ2ぐらい。片栗粉はさくっとした食感に、小麦粉はふんわりとした仕上がりのから揚げに。片栗粉と小麦粉を半々で使うことで、サクッとジューシーなから揚げになります。

余白
美味しく作るコツアイコン

揚げ方

油の温度は170度、菜箸を入れてシュワシュワと気泡が出るぐらい。

チューリップを入れる際は全部を入れると油の温度が下がるため、2~3本づつ入れて5~6分揚げたら取り出し、油を切りながら2~3分余熱で火を通します。

※揚げ時間は手羽元や鍋の大きさにもよるので、揚げ直しの効かないお弁当の時は少し長めに6~7分を目安に。骨付きは火が通りにくいことを念頭に、各ご家庭で調整してください。

余白
油を切った鶏手羽元のチューリップ唐揚げ

■油を切る

・油を切りながら、2~3分余熱で火を通す。

チューリップから揚げの出来上がりです。

骨の周りのお肉は一番旨味のある部分。手を油だらけにしてしまう骨付きのから揚げも、チューリップにすることで片手でぱくっと食べられるように。

お弁当はもちろん、人が集まる時やおつまみに便利な、おいしい手羽元のチューリップから揚げです。

余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
余白
余白
余白