主婦A子のレシピ-ロゴ

8/26 Mon

ニョッキのレシピ

ニョッキのレシピ、イメージ画像

簡単でおいしい、ニョッキの作り方

じゃがいもと小麦粉、パルメザンチーズ、卵を混ぜるだけ。自宅でも簡単に作れる、おいしい手作りニョッキのレシピです。

タイトルアイコン

ニョッキのソースはこちら

きのことベーコンのクリームソースのニョッキ

「ニョッキのソース」

基本となるトマトソースとクリームソースから、チーズやバジル、きのこ類など、お好みの具を使ったソースまで。簡単でおいしいニ…

余白
余白
SNSアイコン
ツイッターバナー フェイスブックバナー はてブ!バナー
余白

スポンサーリンク

余白
余白
ニョッキ

■材料 2人分

  • ・じゃがいも…2~3個(250g)
  • ・強力粉…100g
  • ・卵…1個
  • ・パルメザンチーズ…大さじ3(20gぐらい)
  • ・塩…ひとつまみ
  • ・強力粉(打ち粉用)…適量

★少し多めの2人分になります。

余白
調理時間アイコン調理時間:30分(時間外を除く)
カロリーアイコンカロリー:369kcal/1人分
余白
じゃがいも2個。 じゃがいもを水から茹でる。 茹で上がって皮を剥いたじゃがいも。

■じゃがいもを茹でる

・じゃがいもを水から茹でる。(時間外)

・茹で上がったじゃがいもを、熱いうちに皮を剥く。

★じゃがいもは皮付きのまま。竹串を刺して、抵抗なく通るようになるまで茹でます。

★じゃがいもはメークインでも男爵でもおいしいニョッキに仕上がりますが、おすすめは男爵。ねっとりとしたじゃがいもの場合、生地に粘りが出るので、男爵のようなホクホクとしたじゃがいもの方がニョッキに向いています。

余白
美味しく作るコツアイコン

じゃがいもは皮付きで茹でる

じゃがいもを皮付きのまま丸ごと茹でることで旨味の流出を防ぎ、じゃがいも本来のおいしさが味わえるニョッキに。

火加減は沸くまで強火、沸騰してきたら弱火。水から茹でることで中心まで均一に火が通り、時間をかけてゆっくりと加熱することで甘みの増したおいしいじゃがいもになります。

余白
ボウルに入れたじゃがいもを、ざるで裏ごしする。 マッシャー代わりに穴あきお玉でじゃがいもを潰す。 じゃがいもを木べらで潰す。

■じゃがいもを潰す

・じゃがいもを熱いうちにざるで裏ごし、またはマッシャーや木べらで潰す。

★マッシャー代わりに穴あきお玉を使っても簡単に潰れます。

★こねないように注意。こねると粘りが出るので、ざっくりと崩すように潰します。また冷えてから潰すと同じように粘りが出るので、熱いうちに潰すようにして下さい。

余白
ボウルに入った潰したじゃがいもに、卵を入れる。 茶漉しを使って強力粉をふる。 混ぜ合わせて出来上がったニョッキの生地。

■ニョッキの生地を作る

・潰したじゃがいもに卵と強力粉、パルメザンチーズ、塩を加える。

・よく混ぜ合わせ、丸くまとめる。

★強力粉は茶漉しやざるなどを使うと、ダマにならずにふることが出来ます。

★ここでもこねないように注意。突き崩すように混ぜ合わせ、粘りが出ないようにします。

メモ帳アイコン

・強力粉…100g  ・卵(全卵)…1個  ・パルメザンチーズ…大さじ3(20gぐらい)  ・塩…ひとつまみ

余白
美味しく作るコツアイコン

生地がベタついてしまう場合

粘りが出て生地がベタつき、手にくっついてしまうといった場合は、大さじ1~2の強力粉を入れて粘りを抑えます。

入れすぎるとニョッキの食感が変わってしまうため、多くても大さじ3まで。それでもベタついてしまうといった時は、打ち粉(強力粉)を増やして対応。生地を伸ばす台にしっかりと打ち粉をすると、多少ベタついている生地も問題なくニョッキに仕上がるかと思います。

※分量通りに作っても、じゃがいもの水分量や混ぜる際のこね方で粘りが出ることがあります。前述の通り、強力粉や打ち粉の量で臨機応変に対応していただければと思います。

余白
打ち粉をふったテーブルに丸くまとめた生地を置く。 生地を直径2cmの棒状に伸ばす。 棒状に伸ばした生地を2cm幅に切り分ける。

■生地を伸ばして切り分ける

・テーブルやまな板など、生地を伸ばす台に打ち粉をする。

・丸くまとめた生地を4~6等分にし、転がしながら直径2cmぐらいの棒状に伸ばす。

・伸ばした生地を2cm幅に切り分ける。

★台はまな板だと手狭になるので、きれいに拭き上げたテーブルがおすすめ。全体に薄く打ち子(強力粉)をふり、生地がくっつかないようにします。

余白
フットボール型に丸めた生地。 丸めた生地を親指で潰す。 潰して出来上がったニョッキ。

■ニョッキに成形する

・切り分けた生地をフットボール型に丸める。

・中心を親指で軽く潰す。

★くぼみを付けるのはソースがからみやすくするため。

きれいに潰れなかったりひびが入っても問題なし。手作りのニョッキは不揃いなものなので、形にこだわることはないかと思います。

余白
丸めた生地にフォークを押し付ける。 フォークを押し付けた溝ができたニョッキ。
美味しく作るコツアイコン

フォークを使って潰す

親指ではなくフォークを使っても◎、フォークを押し付けて簡単に潰してもおいしいニョッキになります。


余白
余白
沸騰した湯にニョッキを入れる。 浮いてきたニョッキ。 茹で上がって別皿に取り出したニョッキ。

■ニョッキの茹で方

・塩を入れた水を強火で沸騰させ、ニョッキを入れる。

・浮いてきたものから取り出す。

余白
美味しく作るコツアイコン

茹で方のポイント

ニョッキを茹でる際の塩分濃度は、水に対しておおよそ1%。1リットルの水に塩10g、小さじで2弱になります。

茹で上がりのタイミングはニョッキが浮いてきたら。時間にすると1分~1分半、茹ですぎると崩れてしまうので浮いてきたらすぐに取り出します。

茹でている間に吹きこぼれてしまう場合は火加減で調整。そばやうどんのように差し水はせず、少し火を落として吹きこぼれないようにします。

余白
ニョッキ

■ニョッキを保存する場合

多めに作った時は冷凍保存を。成形したニョッキに軽く打ち粉をし、ラップに包んで冷凍保存します。

余白

スパゲッティやフィットチーネと違い、自宅でも気軽に作れるのがニョッキ。

水合わせや生地を寝かせる必要もなく、良い意味でいい加減に作ってもおいしく出来るのがニョッキです。

ニョッキのソースはトマトソースやクリームソースなどお好みのものを。下記リンク、ニョッキのソースを参照の他、ミートソースボロネーゼソースと合わせても、おいしい一皿になります。

余白
タイトルアイコン関連レシピ
きのことベーコンのクリームソースのニョッキ

「ニョッキのソース」

基本となるトマトソースとクリームソースから、チーズやバジル、きのこ類など、お好みの具を使ったソースまで。簡単でおいしいニ…

ボロネーゼのレシピ

「ボロネーゼのレシピ」

ミートソースよりも牛ひき肉を増し、パンチェッタやベーコンを加えたソースがボロネーゼ。トマ…

ミートソーススパゲティ

「ミートソーススパゲティ」

みじん切りにした野菜とひき肉を炒めたら、あとはトマト缶で煮込むだけ。誰もがおいしく作れる、簡単ミートソースのレシピです。

生パスタの作り方

「生パスタの作り方」

少し面倒なイメージがありますが、遊びと考えれば楽しいもの。1kg200円程度の小麦粉で作っても…

余白
余白
余白
SNSアイコン
ツイッターバナー フェイスブックバナー はてブ!バナー
余白

スポンサーリンク

余白
余白
余白
余白
余白
料理がおいしくなる! 鉄鍋、鉄フライパンの使い方とお手入れ、イメージ画像

「料理がおいしくなる! 鉄鍋、鉄フライパンの使い方とお手入れ」、主婦A子のレシピでふだんから使っている、鉄鍋と鉄フライパンの記事です。

余白
余白
余白
余白
余白
パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
ロールキャベツのレシピ、イメージ画像

ロールキャベツのレシピ

普通のロールキャベツからトマト煮込みまで、楊枝を使わないロールキャベツの巻き方など、おいしいロールキャベツのレシピです。

余白
余白
余白
余白
余白
カレールーで作る、絶品カレーのレシピ、イメージ画像

ブライン液の作り方とおいしいレシピ

鶏むね肉はもちろん、豚肉もしっとりジューシーに。お肉をぐんとおいしくしてくれる、ブライン液のページです。

料理がおいしくなる! 鉄鍋、鉄フライパンの使い方とお手入れ、イメージ画像

「料理がおいしくなる! 鉄鍋、鉄フライパンの使い方とお手入れ」、主婦A子のレシピでふだんから使っている、鉄鍋と鉄フライパンの記事です。

余白
主婦A子のレシピ、ごはんものランキング、イメージ画像

「主婦A子のレシピ、ごはんものランキング」、主婦A子本人による自分勝手なランキングのブログ記事です。

余白
鍋アイコン

レシピ検索

余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
お問い合わせ、イメージバナー
余白