12/13 Wed

具だくさん、けんちんうどん

けんちんうどんのレシピ、イメージ画像

簡単でおいしい、けんちんうどんのレシピ

大根やにんじん、ごぼう、しいたけなど、お好みの野菜を入れて具沢山に。鶏肉と野菜の旨みがおいしい、簡単けんちんうどんのレシピです。

余白
タイトルアイコンけんちん汁のレシピ
けんちん汁

「けんちん汁」

具材の下ごしらえから切り方、味付けまで。丁寧に作る、おいしいけんちん汁のレシピです。

余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
けんちんうどん

■材料 2人分

  • ・うどん麺…2玉
  • ・鶏肉(鶏もも、または胸肉)…80~100g
  • ・大根…2~3cm (60~80g)
  • ・里芋…1個 ※またはじゃがいも1/2~1個
  • ・にんじん…1/4本 (40~50g)
  • ・ごぼう…10cm (30~40g)
  • ・生しいたけ…1~2個 ※または干ししいたけ1~2個
  • ・ほうれん草…1~2株
  • ・生姜…3g(薄切り2~3枚)
  • ・万能ねぎ…適量
  • ・こんにゃく…1/4枚(60~80g)
  • ・ごま油…適量
  • ・酒…大さじ1
  • ・塩…小さじ1/2

★生しいたけは、あれば干ししいたけをおすすめします。

■うどんつゆ

  • だし汁…4カップ(800ml) ※または水800ccに対して、だしの素を規定量溶いたもの。(本だしの場合、小さじ2)
  • ・醬油…大さじ2
  • ・みりん…大さじ1/2
  • ・酒…大さじ2
  • ・塩…適量
余白
調理時間アイコン調理時間:33分
カロリーアイコンカロリー:453kcal/1人分
余白
野菜の分量の目安。大根とにんじん、ごぼう、生姜、しいたけ、里芋、ほうれん草 やや小さめの乱切りにした大根とにんじん、せん切りにした生姜 薄切りにしたしいたけと、4つに切り分けたしいたけの軸

■野菜を切り分ける

・にんじんと大根をやや小さめの乱切りにする。

・生姜をせん切りにする。

・しいたけの石突を切り落とし、軸とかさを切り分ける。

・しいたけのかさを薄切り、軸を3~4個に切り分ける

★野菜の分量は画像を目安に。里芋はお好みでじゃがいもを使って下さい。

★しいたけの軸も美味しい可食部分。切り分けて具として使います。

※万能ねぎは盛り付ける直前に小口切りにします。

余白
水で戻した干ししいたけ 干ししいたけの戻し汁 薄切りにした干ししいたけ
美味しく作るコツアイコン

あれば干ししいたけをおすすめ

あれば生しいたけではなく、干ししいたけをおすすめ。

戻した水は旨味成分グアニル酸を含んだおいしい出汁。だし汁に戻し汁を加えることで、旨味の増したおいしいけんちんうどんに仕上がります。

使い方は前日から一晩水につけて戻し、薄切りにして使用。戻し汁は前述の通り、だし汁に加えて使います。

余白
泥を落としたごぼうを乱切りにする 乱切りにした里芋 水を張ったボウルにほうれん草を浸ける

・ごぼうをタワシか包丁の背でこすり、泥を落とす。

・泥を落としたごぼうをざっと流水で流し、やや小さめの乱切りにする。

・里芋を乱切りにする。

・ほうれん草をよく洗い、根本を切り落として5cmぐらいのざく切りにする。

・ボウルに水を張り、切り分けたほうれん草を5分程度浸ける。

★ごぼうのあく抜きは不要。水につけると香りと旨味、栄養が流れてしまうので、そのまま使います。

★ほうれん草は下茹でせず、水につけることで簡単にあく抜きをします。

※詳しいほうれん草のあく抜きは「ほうれん草とベーコンのソテー」を参照。

余白
手でちぎったこんにゃく こんにゃくに塩をふってもむ こんにゃくを茹でる

■こんにゃくの下ごしらえ

・こんにゃくを食べやすい大きさに手でちぎる。

・塩をふってよくもむ。

・鍋に水から入れ、中強火で下茹でする。

★下茹では中強火で水から茹で始め、沸いてから2~3分茹でます。

★塩をふることで臭みのある水分を抜き、手でちぎることで味がしみ込むようになります。

※あく抜き済みのこんにゃくの場合、塩もみと下茹では省略可。(下記参照)

余白
美味しく作るコツアイコン

あく抜き済みのこんにゃく

あく抜き済みのこんにゃくも、時間に余裕があれば同じ下ごしらえを。

くさみ抜きだけでなく、下茹ですることでぷりぷりとした食感のおいしいこんにゃくになります。

余白
鶏もも肉100g 一口大に切り分けた鶏もも肉

■鶏肉を切り分ける

・鶏肉を一口大に切り分ける。

★鶏肉の部位はもも肉か胸肉をお好みで。ささ身ではなく皮付きの部位を使うことで、うどんつゆのコクと旨味が増します。

余白
鍋にごま油をひく 切り分けた鶏もも肉を入れる 炒めて色が変わった鶏もも肉

■鶏肉を炒める

・鍋にごま油をひき、中~中強火で熱する。

・切り分けた鶏肉と生姜、酒大さじ1を入れて炒める。

★しっかりと火が通るまで炒める必要はなく、表面の色が変わるまでざっと炒めます。

余白
鶏もも肉を炒めている鍋に、里芋とほうれん草以外の切り分けた野菜を入れる かき混ぜながら炒める 野菜を炒めている鍋に里芋を入れる

■野菜を炒める

・鶏肉の色が変わってきたら、里芋とほうれん草以外の切り分けた野菜を入れる。

・塩小さじ1を加え、混ぜながら2~3分炒める。

・里芋を入れ、ざっとかき混ぜる。

★火加減は中~中強火のまま。里芋は粘りが出るので後入れします。

※ほうれん草は麺と一緒に煮込みます。

余白
計量カップに入っただし汁 鶏肉と野菜を炒めている鍋にだし汁を注ぐ うどんつゆの調味料を加えて煮込む

■だし汁を加えて煮込む

・鍋にだし汁800mlを注ぐ。

・うどんつゆの調味料を加え、中~中強火で煮込む。

・沸いてきたらあくを取り、火加減を弱~中弱火に落とす。

・野菜がやわらかくなるまで、10分程度煮込む。

・味見をして塩で調える。

★だし汁は水800ccに対して、だしの素を規定量溶いたもので代用可。(本だしの場合、小さじ2)

メモ帳アイコン

●うどんつゆの調味量   ・醬油…大さじ2 ・みりん…大さじ1/2 ・酒…大さじ2 ・塩…適量

タイトルアイコンだし汁の作り方はこちら
和風だし/だし汁

「和風だし/だし汁の作り方、取り方」

昆布や鰹節を使った合わせ出汁から煮干し出汁の取り方、水出しまで。美味しい和食を作る、だし汁の作り方。…

余白
余白
流水でざっとほぐしたうどん麺 煮込んでいる鍋に、ほうれん草とうどん麺を入れる 煮込んで出来上がった、けんちんうどん

■うどんを煮込む

・うどん麺を流水でざっとほぐす。

・ほうれん草とうどん麺を鍋に入れ、3~5分煮込む。

★麺のゆで時間は、袋に記載されている表示時間を見て調整して下さい。

余白
けんちんうどん

■盛り付ける

・器に盛り付け、小口切りにした万能ねぎをちらす。

・お好みで七味唐辛子をふる。

簡単でおいしい、けんちんうどんの出来上がりです。

だし汁に煮込んだ野菜と鶏肉の出汁が加わることで、旨味の増したおいしいうどんに。野菜は分量記載のものだけでなく、きのこ類やキャベツ、長ネギなど、お好みのものを使っていただければと思います。

余白
タイトルアイコンけんちん汁のレシピ
けんちん汁

「けんちん汁」

具材の下ごしらえから切り方、味付けまで。丁寧に作る、おいしいけんちん汁のレシピです。

冷やし けんちんそうめん

「冷やし けんちんそうめん」

大根やにんじん、しめじ、鶏むね肉など、具だくさんのけんちん汁を冷やして、飲み干せるぶっかけそうめんに。千切り生姜でさっ…

余白
余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
余白
余白
余白
パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
余白
余白