主婦A子のレシピ-ロゴ

6/19 Tue

手打ちうどん

手打ちうどんのレシピ、イメージ画像

簡単に作れる、おいしい手打ちうどんのレシピ

材料は小麦粉と塩、水だけ。小麦粉と塩水を混ぜ合わせたら踏んでもみ込み、切り分ければできあがりと作り方は意外にも簡単。讃岐うどんのようなしっかりとコシのある、おいしい手打ちうどんのレシピです。

余白
レシピをざっくりと言うとアイコン

レシピをざっくりと言うと

塩水と小麦粉を混ぜ合わせ、まるくまとめてビニール袋に。足で踏みながらもみ込み、麺棒で伸ばして切り分ければできあがり。

生地を休ませるため少し時間がかかりますが、実質作業時間は20分ほど。特別な道具は要らず、自宅にあるもので簡単に作れます。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
手打ちうどん

■材料 5人分

  • ・小麦粉(中力粉)…500g
  • ・塩…15g
  • ・水…230cc
  • ・片栗粉(打ち粉用)…適量
調理時間アイコン調理時間:50分
カロリーアイコンカロリー:368kcal/1人分
余白
ざるでふるいながら小麦粉をボウルに入れる。 ざるでふるってきめ細かくなった小麦粉。 計量カップに入った水に塩を加える。

■材料の下準備

・ボウルにざるでふるいながら小麦粉を入れる。

・水に塩を加え、よくかき混ぜて溶かす。

★分量は量りを使って正確に。

メモ帳アイコン

・小麦粉(中力粉)…500g  ・塩…15g  ・水…230cc

余白
美味しく作るコツアイコン

うどんの小麦粉は中力粉を

小麦粉の種類の違いはグルテンというタンパク質の量。グルテンは薄力粉<中力粉<強力粉の順に多く含まれ、グルテンの量はそのまま麺や生地のコシにつながります。

ケーキや天ぷらなど軽い食感にするなら薄力粉、コシや固さが必要な麺やパンには強力粉、中間のうどんには中力粉という具合に調理によって使い分けを。

とくに国産の中力粉は、そのほとんどがうどん用に作られたもの。おいしいうどんを作るために栽培した小麦を使っているので、国産の中力粉がいちばんうどんに合う小麦粉となります。

余白
くぼみをつけた小麦粉に塩水を注ぐ。 スプーンを使って、小さくぼそぼそになるまで混ぜ合わせた小麦粉。 水合わせして、ひとまとめに丸めた小麦粉。

■水合わせをする

・ボウルに入った小麦粉の中心にくぼみをつける。

・塩水を注ぎ、スプーンを使ってかき混ぜながら、ぼそぼそと全体にむらなく混ざった状態にする。

・手で体重をかけながらひとまとめにする。

★水合わせは大きな塊が出来ないように、全体に小さくぼそぼそとした状態にします。

余白
美味しく作るコツアイコン

水の分量

水の分量は正確に量れば夏場と冬場で10%ほど変わりますが、この水分量の調整と見極めが非常にむずかしいところ。

レシピの分量は季節に関係なく、ご家庭でも楽しみながらお手軽に作れる分量となっているので、作った塩水をすべて使い切っていただければと思います。

余白
大きめのビニール袋にまとめた小麦粉を入れる。 足で踏み込んで広げ伸ばす。 直径40cmまで広げ伸ばしたうどんの生地。

■生地を踏んでもみ込む

・まとめた小麦粉のかたまりを、大きめのビニール袋に入れる。

・両足を使って踏み込み、直径30~40cmぐらいになるまで広げ伸ばしながら生地にする。

★踏み込んでいくうちに、生地の表面がなめらかになってきます。

余白
伸ばした生地のビニール袋をはずす。 折り込んでまるめた生地。 再度踏み込んで伸ばした生地。

・一旦ビニール袋をはずし、伸ばした生地を折り込みながら丸くまとめる。

・再度踏み込み、生地を広げ伸ばす。

余白
美味しく作るコツアイコン

踏み込む回数

踏み込み回数は基本的に2回。回数を増やせば増やすほどコシのあるうどんになりますが、4回5回と踏み込むとコシの強さというよりも、かなり固いうどんになります。

はじめて作る時は踏み込みを2回にし、一度食べてみてさらにコシを出したいといった時は、次回から踏み込み回数を増やしてみて下さい。

余白
まるくまとめてビニール袋に入れ、休ませている生地。

■生地を休ませる

・出来上がった生地をまるくまとめ、ビニール袋に入れたまま30分ほど休ませる。

★休ませることで固くなった生地がやわらかく戻ります。

余白
うどんを打つ台に打粉をふる。 うどんの生地を麺棒で伸ばす。 うどんの生地の角を麺棒で伸ばす。

■生地を伸ばす

・台に打ち粉(片栗粉)をふる。

・休ませた生地を麺棒、またはすりこぎで少しづつ伸ばす。

★なるべく長方形になるように、角を作りながら伸ばします。

余白
短い方の辺を30cmまで伸ばしたうどんの生地

・最終的に2~4mmぐらいの厚さになるまで伸ばす。

★長方形の短い方の辺が、30cmぐらいの長さになるようにします。

余白
美味しく作るコツアイコン

麺の太さ

手打ちうどんは茹でると1.5倍ぐらいにふくれるので、2~4mmと茹で上がりを想定してお好みの太さになるまで生地を伸ばして下さい。

余白
長方形に伸ばした生地を横向きにする。 生地を縦半分に折る。 包丁で生地を切り分けていく。

■生地を切り分ける

・伸ばした生地を横にして、縦半分に折る。

・包丁を使い、5~8mmぐらいの幅で切り分けていく。

・切り分けたら全体に打ち粉をふり、うどんがくっつかないようにする。

★生地の厚みと同様、お好みの幅で切り分けて下さい。

余白
手打ちうどんをたっぷりの沸騰した湯で茹でる。 流水で流して締めた手打ちうどん。 1玉づつキッチンペーパーに包み、タッパーに入れた手打ちうどん。
A子アイコン

手打ちうどんの茹で方と保存

手打ちうどんの茹で時間は太さにもよりますが、たっぷりの沸騰させた湯で7~10分ぐらいを目安に、時々味見をしながら茹でます。

茹で上がったら必ず一度流水で流し、しっかりと冷水で締めることでよりコシのある手打ちうどんに。あたたかいうどんつゆでいただく場合も、一度冷水で締めてから、熱湯にざっとくぐらせて盛り付けます。

保存は湿気がこもらないように1玉づつキッチンペーパーにやさしく包み、フタ付きタッパーに入れて密閉保存を。冷蔵庫で4~5日ほど保存可能となります。

余白
手打ちうどん

■手打ちうどん

手打ちうどんのできあがりです。

中華麺パスタなど、麺打ちとなると少しむずかしいイメージがありますが、一番簡単なのがこんな手打ちうどん。特殊な道具や材料も要らず、普段から自宅にあるもので作ることが出来ます。

少し時間と手間がかかりますが、作り方は意外にも簡単。休日にお子様と一緒に作っても楽しいひと時に。自宅で作る手打ちうどんでも、讃岐うどんのようなしっかりとコシのあるおいしいうどんに仕上がります。

余白
余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
余白
余白
余白
パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
ロールキャベツのレシピ、イメージ画像

ロールキャベツのレシピ

普通のロールキャベツからトマト煮込みまで、楊枝を使わないロールキャベツの巻き方など、おいしいロールキャベツのレシピです。

余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
余白
余白