8/24Thu

キムチチャーハン

キムチチャーハンのレシピ、イメージ画像

おいしいキムチチャーハンのレシピ

パラパラのチャーハンに仕上がる裏技レシピで、ベタベタしないおいしいキムチチャーハンに。

火加減のコツから油や卵の使い方まで、キムチと相性の良い豚肉を使った、キムチチャーハンのレシピです。

余白
レシピをざっくりと言うとアイコン

レシピをざっくりと言うと

生米を鶏皮の脂で炒めてから炊くことで、パラパラのチャーハンに。

豚肉、キムチ、卵とごはんの順に炒めれば出来上がり。炊き上がりからパラパラのごはんなので、べちゃっとしないおいしいキムチチャーハンに仕上がります。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
キムチチャーハン

■材料 1.5~2人分

  • ・米…1合
  • ・鶏皮…20g
  • ・ごま油…小さじ1
  • ・鶏がらスープの素…小さじ1
  • ・水…180cc
  • ・白菜キムチ…200g
  • ・豚肉 (こま切れ、または切り落とし)…100g
  • ・長ネギ…5cm
  • ・卵…1個
  • ・サラダ油、またはごま油…大さじ1
  • ・酒…小さじ2
  • ・醤油…適量
  • ・塩こしょう…適量
余白
調理時間アイコン調理時間:18分(時間外を除く)
カロリーアイコンカロリー:620kcal/1人分
余白
まな板に置かれた鶏皮20g。 鶏皮の裏に付いている脂肪。 みじん切りにした鶏皮。

■鶏皮を切り分ける

・鶏皮20gをみじん切りにする。

★鶏皮の裏についている脂肪も取り除かずにそのまま使います。(中画像)

※鶏皮が無い場合は省略可。代わりにサラダ油大さじ1を代用します。

余白
フライパンにごま油と鶏皮を入れる。 鶏皮を炒める。 カリカリになるまで炒めた鶏皮と鶏の脂(チー油)。

■鶏皮を炒める

・フライパンにごま油小さじ1と鶏皮を入れる。

・ごく弱火で脂(チー油)がにじみ出るようにじっくりと炒める。

★鶏皮20gで大さじ1弱程度の脂に(ごま油と合わせて)。鶏皮が色づき、ある程度カリッとするまで炒めます。

余白
美味しく作るコツアイコン

鶏皮の脂(チー油)でおいしいチャーハンに

サラダ油でごはんを炒めてもパラパラのチャーハンに仕上がりますが、鶏皮の脂を使うことでさらに旨味のあるおいしいチャーハンに。

中華料理屋さんが作るおいしいチャーハンの秘密はラード。豚の脂であるラード使うことで旨味とコクのあるお店の味に仕上がりますが、レシピではご家庭でも簡単お手軽に作れるように、鶏皮から出るチー油(鶏油)を使用。

チー油を使うことで旨味とコクが増し、よりおいしいキムチチャーハンに仕上がります。

余白
鶏皮を炒めているフライパンに生米を入れる。 生米を炒める。 炒め終わった生米。

■生米を炒める

・チー油が出たら火加減を中火に上げ、米1合を入れる。

・かき混ぜながら1~2分ほど炒める。

★無洗米も普通米も、米は洗わずにそのまま炒めます。

余白
美味しく作るコツアイコン

生米を炒めることでパラパラの炊きあがりに

炒めることで米一粒一粒に油がコーティングされ、ごはんは炊きあがりからすでにパラパラ。冷めてもダマになるといったことがないので、炒める際にお玉で潰すといった作業もなく、簡単にパラパラのチャーハンになります。

※詳しくは下記、パラパラチャーハンのレシピに掲載しております。

パラパラチャーハン

「パラパラチャーハン」

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。…

余白
余白
水180ccの入った計量カップに鶏がらスープの素を入れる。 炊飯器の内釜に炒めた米と鶏がらスープの素を溶かした水を入れる。 180ccの水を入れた炊飯器の内釜の目盛り。

■炒めた米を炊く

・水180ccに鶏がらスープの素小さじ1を溶かし入れる。

・炊飯器の内釜に炒めた米を入れる。

・鶏がらスープの素を溶かした水を注ぎ、炊飯器で炊く。(時間外)

★鶏皮もそのまま入れて炊きます。

★ごはんに下味を付けることで、米自体に旨味のあるおいしいチャーハンに仕上がります。

余白
美味しく作るコツアイコン

水の分量

水の分量は180cc。米1合に対して基本は200ccとなりますが、チャーハン用に少なめの水加減で。

米1合のカップが180ccとなるので、量りがない場合は米のカップすりきり一杯の水を注ぐと、ちょうどよい水の分量になります。

余白
分量の目安。長ネギと万能ねぎ みじん切りにした長ネギ。 小皿に入ったキムチ200g。

■材料を切り分ける

・長ネギをみじん切りにする。

・大きいキムチをざっくりと食べやすい大きさに切り分ける。

★お好みで万能ねぎを薬味に。盛り付け時にちらすと彩りの良い一皿になります。

※卵を小皿に溶いておき、常温に戻しておきます。

余白
炊き上がったごはん。 内釜に入ったごはんをかき混ぜる。

■炊いたごはんを混ぜる

・ごはんが炊けたらすぐに蓋を開け、内釜ごと取り出してざっとごはんをかき混ぜる。

★炊きあがってから放置しないように注意。蓋についた水蒸気が水滴になって落ち、ごはんがベチャつきます。

★ごはんは取り出した内釜に入れたまま、冷めすぎないようにします。※内釜を炊飯器に入れっぱなしにはしないようにして下さい。

余白
美味しく作るコツアイコン

パラパラの炊きあがりに

炊き上がったごはんは、しゃもじからこぼれてしまうほどパラパラに。

卵を混ぜたりマヨネーズを混ぜたりといったパラパラチャーハンのコツもありますが、炊き上がりからすでにパラパラなので、炒める際に慌てることもなく、普通に炒めるだけでしっかりとパラパラのチャーハンになります。

余白
フライパンに油を入れて中火で熱する。 豚肉を入れる。 火が通るまで炒めた豚肉。

■豚肉を炒める

・フライパンに油大さじ1を入れ、中火で熱する。

・豚肉を入れ、酒小さじ2と塩こしょう少々を加えて炒める。

★油は香りの良いごま油を使っても◎。塩こしょうはごくごく少量をふりかけて下さい。

★豚肉はこま切れや切り落としを。安くてもコクと旨味のある部位になります。

余白
豚肉を炒めているフライパンにキムチを入れる。 キムチを炒める。 水気が飛ぶまで炒めたキムチ。

■キムチを炒める

・豚肉に火が通ったらキムチを入れる。

・中火のまま、キムチの水気が飛ぶまで炒める。

★水っぽいままだとベタつくので、しっかりと水気を飛ばします。

余白
豚肉とキムチを端に寄せたフライパンに、溶き卵を入れる。 続けてごはんを入れる。 溶き卵とごはんをからめるように炒める。

■ごはんを炒める

・豚肉とキムチを端に寄せ、溶き卵を入れる。

・続けてごはんを入れ、溶き卵とごはんをからめながら炒める。

余白
美味しく作るコツアイコン

焦げ付きそうなら油をプラス

焦げ付きやすいフライパンの場合は空けたスペースに少量の油を加え、ざっとなじませてから溶き卵を入れて下さい。

余白
美味しく作るコツアイコン

短時間で炒める

キムチを使っているため、基本となるパラパラチャーハンよりもごはんに粘りが出やすいので注意。

ごはんが短時間で熱くなるように、取り出した炊飯器の内釜に入れたまま、冷めすぎないようにしておきます。

余白
キムチチャーハンを炒めているフライパンに、長ネギのみじん切りを入れる。 かき混ぜながら炒める。 出来上がったキムチチャーハン。

■味を調える

・溶き卵とごはんをからめたら全体を混ぜ合わせ、長ネギを加える。

・火加減を強火に上げ、鍋肌から醤油少々を回し入れる。

・味見をして塩こしょうで調える。

★醤油はごく少量を。火加減を強火に上げ、じゅわっと醤油が焦げ付くように鍋肌から入れることで、香ばしい香りがつきます。(フライパンの場合はごはんを避け、空いたスペースに醤油を垂らして下さい。)

★こしょうは気持ち多めに。キムチの味がついているので、塩はそれほど必要ないかと思います。

余白
キムチチャーハン

■盛り付ける

・皿に盛り付け、お好みで小口切りにした万能ねぎをちらす。

キムチチャーハンの出来上がりです。

炒めてから炊いたごはんを使うことで、ベチャベチャとしないキムチチャーハンに。

米自体に鶏がらスープの素と鶏皮の旨味がついているので、噛めば噛むほど旨味を感じるチャーハンに仕上がります。

余白
余白
タイトルアイコン関連レシピ
パラパラチャーハン

「パラパラチャーハン」

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。…

レタスチャーハン

「レタスチャーハン」

誰が作ってもパラパラのチャーハンに仕上がる裏技レシピを使い、中華料理屋でいただくような絶品のレタスチャーハン…

明太子チャーハン

「明太子(たらこ)チャーハン」

明太子、タラコはお好みで。簡単に作れる、バターを使ったおいしい明太子チャーハンのレシピです。

チキンピラフ

「チキンピラフ」

具を炒めたらあとは炊飯器で炊くだけ。生米もバターで炒めておけば、ふんわりぱらっとした炊き上がりに。ベチャッとしない、おい…

余白
余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
余白
余白
余白
パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
夏のレシピ、イメージ画像

夏こそ食べたい、おいしいレシピ

さっぱりレシピからスタミナ料理まで。和食はもちろん、カレーやにんにく料理、辛いレシピなど、夏バテにも負けない夏メニューレシピ。

余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
余白
余白