12/13 Wed

おいしい、きんぴらごぼうのレシピ

きんぴらごぼうのレシピ、イメージ画像

ごま油の香りが香ばしい、おいしいきんぴらごぼうのレシピ。

ごぼうとにんじんで作る、基本のきんぴらごぼうです。

サラダ油ではなくごま油を使うことで香ばしい香りとコクをプラス。だしの素を少々使うことで旨味を増した、お総菜屋さん風きんぴらごぼうのレシピです。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
きんぴらごぼう

■材料 4~6人分

  • ・ごぼう…1/3~1/2本(100~120g)
  • ・にんじん…1/3本(50g)
  • ・鷹の爪…1/2~1本
  • ・白ごま…少々
  • ・ごま油…大さじ1

■調味料

  • ・醤油…大さじ1
  • ・みりん…大さじ1
  • ・砂糖…大さじ1
  • ・酒…大さじ1
  • ・だしの素…小さじ1/3~1/2(お好みで)
余白
調理時間アイコン調理時間:15分
カロリーアイコンカロリー:54kcal/1人分
余白
分量の目安、ごぼうとにんじん、鷹の爪 細切りにしたにんじん 小口切りにした鷹の爪

■にんじんと鷹の爪を切り分ける

・にんじんを5㎝の長さで細切りにする。

・鷹の爪を小口切りにする。

★鷹の爪の量はお好みで、1本使うとしっかりと辛味の効いたきんぴらごぼうになります。

余白
たわしで泥を落としたごぼう 細切りにしたごぼう 流水で流して水を切っているごぼう

■ごぼうの下ごしらえ/下処理

・ごぼうの皮をたわしやスポンジで擦り取る。

・にんじんと同じように、5㎝の長さで細切りにする。

・ざっと流水で流し、水を切っておく。

★ごぼうは風味を残すために、皮が多少残るぐらいで。泥さえ取れていれば問題ありません。

★ささがきではなく、細切りで。にんじんと同じサイズの細切りにすることで、食感の良いきんぴらごぼうに仕上げます。

★あく抜きはせず、ごぼうの香りと風味を残すために、ざっと流水で洗い流す程度にします。

余白
鍋にごま油をひく 切り分けたごぼうを入れる 炒めてしんなりとしてきたごぼう

■ごぼうを炒める

・鍋にごま油をひき、中弱火~中火で熱する。

・切り分けたごぼうを入れ、しんなりとするまで炒める。

★ごま油を使うことで、香ばしい香りとコクが出ます。

余白
ごぼうを炒めている鍋ににんじんを入れる にんじんを軽く炒めたら調味料を入れる 水気が飛んぶまで炒めたきんぴらごぼう

■にんじんを炒める

・ごぼうを炒めている鍋ににんじんを入れ、油を絡めるようにざっと炒める。

・調味料を入れ、水気が飛ぶまで炒める。

★だしの素はお好みで。素朴な味のきんぴらごぼうも、だしの素を使うことでお店のお惣菜のようなしっかりとした味になります。

余白
きんぴらごぼうの入った鍋に、指ですりつぶすように白ごまを入れる

■白ごまを加える

・指ですりつぶすように白ごまを入れ、ざっとかき混ぜる。

★鍋を火からおろし、熱いうちに白ごまを入れます。

★指ですりつぶすように白ごまを入れることで、ごまの香ばしい香りが立ちます。

余白
きんぴらごぼう

■盛り付ける

・器に盛り付け、白ごまを散らす。

おいしいきんぴらごぼうの出来上がりです。

サラダ油ではなくごま油を使うことで香ばしい香りとコクを出し、だしの素を加えることでお総菜屋さんのようなきんぴらごぼうに。手際よく作れば15分もかからない、簡単で美味しい常備菜です。

余白
タイトルアイコン関連レシピ
れんこんのきんぴら

「れんこんのきんぴら」

切り分けたれんこんとニンジンに、調味液を加えて炒めるだけの簡単レシピ。常備菜にも便利な、おいしいれんこんのきんぴらレシピで…

余白
余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
余白
余白
余白
パラパラチャーハン(炒飯)のレシピ、イメージ画像

失敗なし! パラパラチャーハン(炒飯)の裏技レシピ

パラパラのチャーハンにするため、お米の炊き方からひと工夫。火加減のコツから油や卵の使い方、パラパラになる炒め方まで。ベチャベチャとダマになったりせず急ぐ必要もない、簡単にパラパラチャーハンが作れる裏技レシピです。

余白
余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
余白
主婦A子の絶品おうちごはんバナー
余白
余白
余白