買い物 生活 主婦

「厚切り豚バラ丼」
旨みたっぷり、絶品豚バラ丼の美味しい作り方

主婦A子のレシピ-トップ
お肉のレシピ
お魚のレシピ
野菜のレシピ
ごはんもの
麺のレシピ
煮込み、煮物
炒めもの
刺身、カルパッチョ
おつまみ
味噌汁、スープ
和食のレシピ
中華のレシピ
洋食のレシピ
お魚のお話
お野菜のお話
お肉のお話
ブログ

今月も主婦A子のレシピはどんどん新作レシピをアップします。

こちらは旧デザインとなるので、ぜひトップページから新着レシピをご覧ください。
スポンサードリンク



「厚切り豚バラ丼の作り方」

絶品、厚切り豚バラ丼
このエントリーをはてなブックマークに追加

「厚切り豚バラ丼の作り方」

スライスされた豚肉ではなくブロックを使うことで、旨味を逃さず肉本来の美味しさが味わえる豚バラ丼になります。

下茹ですることで余計な脂が落ちた豚バラはそのまま食べても絶品。
豚バラブロックだから出来る、見た目も派手な厚切り豚バラ丼のレシピです。



■材料
・豚バラブロック…400~500g程度
・酒…50cc
・水…豚バラがかぶるくらい
・ネギの青い所…ネギ1~2本分
・ニンニク…1片
・生姜…10g

■煮汁の材料
・茹で汁…200cc
・生姜…スライス1片
・酒…大さじ2
・醤油…大さじ2
・砂糖…大さじ1
・みりん…小さじ1
・本だし…小さじ1と1/2

■薬味
お好みで小ネギや白髪ネギ、ゴマなど。今回付け合せに甘長とうがらしを使っています。


臭み消し用のネギの青い所とニンニク、生姜 豚バラブロック 下茹でした豚バラブロック
■下準備
・臭み消し用にネギの青い所、ニンニク、生姜を用意する。
・ニンニクは包丁の腹で潰し、生姜は同じように潰すかスライスしておく。
・沸騰した湯に豚肉を入れ、旨みを閉じ込める。(2~3分程度)

豚バラブロックを茹でる 茹で上がった豚バラブロック 豚バラブロックを冷ます
■肉を茹でる
・鍋に水と肉、臭み消し用のネギの青い所、ニンニク、生姜、酒を入れる。
・弱火~中弱火で沸騰させないように水から1時間~1時間半煮込む。
・鍋から取り出し、冷ましておく。
※茹で汁は煮汁に使うので捨てないようにして下さい。
★沸騰させると肉が固くなるので、ぷくりぷくりと泡が出るぐらいの火加減で。
★一度沸騰したお湯に入れているのでそれほどアクは出ないと思いますが、出てきたら取ります。
★煮込み時間はバラ肉を切るときの厚さにもよります。

茹で汁 味付けした煮汁
■煮汁/タレを作る
・別の鍋かフライパンを用意して、肉の茹で汁を入れる。
・酒、醤油、砂糖、みりん、本だしを入れて一度煮立たせる。

切り分けた豚バラ 煮汁に入れて煮込む 煮詰めた豚バラ
■バラ肉を煮る
・冷ました豚バラをお好みの厚さに切る。
・煮汁に肉と生姜を入れて、かさが半分程度になるまで煮る。
・肉を取り出し煮汁を煮詰め、タレにする。
★時間に余裕があれば、タレを作る前にそのまま一度冷ますか、一晩寝かせると味がしみて美味しくなります。

厚切り豚バラ丼
■器に盛って出来上がり
画像のようにお皿に盛るとカフェ風に。お好みで白髪ネギやゴマなどをちらし、タレをかけていただきます。
付け合せに使った<甘長とうがらしは軽く焼いてからタレにくぐらせました。

本だしを入れることで和風出汁が加わり、角煮とはまた違ったご飯に合う厚切り肉に。一度茹でているので脂が落ち、しつこくないので最後まで美味しくいただけます。
豚バラのスライスと違い、肉本来の旨味が堪能出来る美味しい豚バラ丼です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク スポンサードリンク
余白

「ごはんもの/丼もの料理のレシピ」

A子のレシピ集-トップ
主婦A子のレシピ-トップ
お肉のレシピ
お魚のレシピ
野菜のレシピ
ごはんもの
麺のレシピ
煮込み、煮物
炒めもの
刺身、カルパッチョ
おつまみ
味噌汁、スープ
和食のレシピ
中華のレシピ
洋食のレシピ
お魚のお話
お野菜のお話
お肉のお話
ブログ
主婦A子の絶品おうちごはんバナー

主婦A子のレシピが1冊の本になりました。kadokawa様より、タイトルは「主婦A子の絶品おうちごはん」となります。

新着レシピ

A子のレシピ-トップ
主婦A子のレシピ-トップ
お肉のレシピ
お魚のレシピ
野菜のレシピ
ごはんもの
麺のレシピ
煮込み、煮物
炒めもの
刺身、カルパッチョ
おつまみ
味噌汁、スープ
和食のレシピ
中華のレシピ
洋食のレシピ
お魚のお話
お野菜のお話
お肉のお話
ブログ
家族ごはん、全レシピ
おつまみの全レシピ
レシピカテゴリアイコン  サイト管理人、主婦A子

神奈川県茅ヶ崎市在住。夫と4歳になる長男の三人家族。DTP及びWEBデザイナー時代のスキルを生かし、2014年よりレシピを中心としたオリジナルサイト「主婦のミカタ」を運営…続きはこちら >