3/23Thu

クリームシチューのレシピ

ルーを使わないクリームシチューのレシピ、イメージ画像

市販の素やルー、生クリームを使わず、炒めないで作る、簡単でおいしいクリームシチュー

鶏肉や野菜を炒めず、水から煮ることで素材の旨味を引き出して作るクリームシチューは絶品。
市販の素やルーも使わず、鶏肉や野菜の旨味とベーコンの旨味、バターのコク、牛乳のコクと甘味で、飽きることなく最後のひと口までおいしいクリームシチューになります。

味付けは塩胡椒のみ。生クリームも使わない、簡単に作れる絶品クリームシチューのレシピです。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
ルーを使わないクリームシチュー

■材料 6~8皿分

  • 鶏もも肉…300g
  • 玉ねぎ…中1個、200~250g
  • ニンジン…中一本、120~150g
  • じゃがいも…4個、200~300g
  • ニンニク…1片
  • ブロッコリー…1/2株
  • マッシュルームなどのきのこ類…適量
  • ベーコン…30~50g
  • ローリエ…1~2枚
  • 牛乳…300ml
  • 水…1.2リットル
  • 白ワイン…50ml
  • 塩胡椒…適量

■ベシャメル/ホワイトソース

  • 強力粉…大さじ6(60gぐらい)
  • バター…大さじ3(35gぐらい)
  • 牛乳…100ml~
余白
調理時間アイコン調理時間:1時間
カロリーアイコンカロリー:255kcal/一皿分
余白
玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、ニンニクの量の目安 ねぎ、にんじん、じゃがいも、ニンニクの切り方 じゃがいもを水につける

■野菜の下準備

・ニンジンを乱切り、玉ねぎをくし切りにする。

・ニンニクを薄切りにする。

・じゃがいもを半分~4等分に切る。

・切り分けたじゃがいもを10分程度水につける。

★野菜の量は画像ぐらい。この他にマッシュルームやシメジ、エリンギなど、お好みで入れてください。

余白
ブロッコリーの量の目安 ブロッコリーの切り分け方 房を切り分ける

■ブロッコリーの下準備と下ごしらえ

・ブロッコリーの茎と葉、房を切り分ける。

・葉を食べやすい大きさに切り分ける。

・房を食べやすい大きさに切り分け、小房にする。

★ブロッコリーは茎や葉も可食部分。美味しくいただける部位なので、具として使います。

余白
ブロッコリーの茎 茎の皮の剥き方 乱切りにしたブロッコリーの茎

・茎の皮を剥き、食べやすい大きさに乱切りする。

★太い茎の皮だけ剥きます。※皮はピーラーがあると楽に剥けます。

余白
ブロッコリーの茹で方 茹でたブロッコリー

・鍋に水と塩を入れて沸騰させる。

・沸騰した湯にブロッコリーの小房を入れ、2~3分茹でる。

・ブロッコリーをザルにあげて自然に冷ます。

★塩の量は水1リットルに対して小さじ2ぐらい。少し多めに入れて軽く下味をつけてしまいます。

※茹でるのは小房に切り分けた部分のみ。茎と葉は茹でずにシチューと煮込みます。

余白
美味しく作るコツアイコン

ブロッコリーの使い方

クリームシチューに入れて煮込むのは茎と葉の部分のみ。 小房に切り分けた部分は煮込まず、食べる直前にシチューに入れるか、お皿によそったシチューに直接盛り付けます。

余白
鶏もも肉の量の目安 鶏もも肉の切り方 鶏もも肉に塩胡椒をして揉む

■鶏肉の下準備

・鶏もも肉をひと口大に切り分ける。

・軽く塩胡椒をふって揉んでおく。

★胡椒はあれば白胡椒を使います。

余白
美味しく作るコツアイコン

鶏むね肉のクリームシチュー

鶏もも肉よりもさっぱりとしたクリームシチューになりますが、鶏むね肉を使っても美味しいクリームシチューに。 コクや濃厚さを出す場合は、バターやベーコンを増やすか生クリームを使うと旨味が増します。

余白
ベーコンの量の目安 ベーコンの切り方

■ベーコンの下準備

・ベーコンを細切りにする。

★ベーコンは旨味を出すための重要な素材。ベーコンの旨味と塩気でさらにおいしいクリームシチューになります。

余白
鍋に材料をすべて入れる 水と白ワインを注ぐ 弱火でじっくりと煮込む

■材料を煮込む

・小房に切り分けたブロッコリー以外の具(ローリエを含む)を全て鍋に入れる。

・水と白ワインを注ぐ。

・中弱火で煮込み、沸いてきたら弱火に落としてゆっくりと煮込む。

※牛乳はまだ入れません。

★アクは取り過ぎないように注意。最初に浮いてきたものを一回取る程度にします。

★沸騰させないように、30~40分程度ゆっくりと煮込みます。

★ジャガイモが煮崩れそうな場合は一度取り出しておきます。

余白
フライパンにバターを溶かす 小麦粉を入れる よくこねる

■ホワイトソースを作る

・フライパンにバターを入れ極弱火で溶かす。

・小麦粉を入れてよくこねる。

★火加減は最後まで極弱火。

余白
牛乳を少量加える よくこねながら牛乳を加え、ホワイトソースを作る ちょうどいいとろみになったホワイトソース

・牛乳を少量加えながらよくこねる。

・少し牛乳を入れたらこねて、また少し牛乳を入れたらこねてを繰り返す。

・三枚目の画像ぐらいのとろみになったら火を止める。

★最後に煮込むので、それほどダマは気にしなくても大丈夫です。

余白
材料を煮込んだ鍋にベシャメルソースを溶き入れる 牛乳を入れて煮込む 煮込み終わったクリームシチュー

■クリームシチューを煮込む

・材料を煮込んだ鍋にベシャメルソースを溶きながら入れる。

・味見をしながら塩を入れて調整する。

・牛乳を注ぎ、弱火で10~20分程度煮込む。

・火を止めて冷めるまで寝かせる。

★沸騰させないように弱火でゆっくりと煮込みます。

★煮崩れないようにじゃがいもを取り出していた場合は、冷ます前に戻します。

★時間に余裕があれば一晩寝かせると、カレーと同じように味が馴染んで美味しくなります。

余白
美味しく作るコツアイコン

クリームシチューの味付けとコク

ひと味足りないという時は、意外と塩気が少ないだけの場合があります。 味見をしながら少しづつ塩を増やすと一気に味が決まることがあるので、塩っ辛くならない程度にまずは塩で調整してみてください。

ルーやブイヨン、コンソメなどを使わずに作るので、どうしてもコクや旨味が足りないといった場合は、チーズを溶かしこむと旨味と濃厚さが増します。 チーズは粉チーズやミックスチーズ、スライスチーズなど、お好みのものを使っていただければと思います。

余白
ルーを使わない絶品クリームシチュー

■盛り付ける

・器に盛り、あればパセリをふりかける。

★下茹でしておいたブロッコリーの小房はそのまま盛り付けたり、シチューと一緒に軽く煮込んで温めてから使います。

市販の素やルー、ブイヨン、コンソメなどを使わず、具を水から茹でることで素材の旨味を引き出した、おいしいクリームシチューの出来上がりです。
生クリームすらも使いませんが、出来上がってみれば絶品のクリームシチューに。 ベシャメルソースのダマが多少あっても、煮込んでしまうので問題なし。具を炒めるといった工程もない、簡単でおいしいクリームシチューのレシピです。

余白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
余白
スポンサー リンク
余白
スポンサー リンク
余白
余白
スポンサードリンク
余白
余白
余白
余白