買い物 生活 主婦

「自宅で再現、盛岡じゃじゃ麺のレシピ」
白龍/パイロンで有名な美味しい盛岡じゃじゃ麺の、肉味噌から鶏蛋湯/チータンタンまでの作り方

主婦A子のレシピ-トップ
お肉のレシピ
お魚のレシピ
野菜のレシピ
ごはんもの
麺のレシピ
煮込み、煮物
炒めもの
刺身、カルパッチョ
おつまみ
味噌汁、スープ
和食のレシピ
中華のレシピ
洋食のレシピ
お魚のお話
お野菜のお話
お肉のお話
ブログ

今月も主婦A子のレシピはどんどん新作レシピをアップします。

こちらは旧デザインとなるので、ぜひトップページから新着レシピをご覧ください。
スポンサードリンク



「名店の味を再現、盛岡じゃじゃ麺」

自宅で作る美味しい盛岡じゃじゃ麺
このエントリーをはてなブックマークに追加

「自宅で作る美味しい盛岡じゃじゃ麺のレシピ」

盛岡三大麺の一つ、白龍で有名な盛岡じゃじゃ麺の肉味噌は黒ゴマを使っていることからあの独特な色に。かき混ぜながら食べる濃厚な肉味噌は一度食べるとやみつきになる美味しさです。
麺を食べたら生卵と茹で汁を合わせて鶏蛋湯/チータンタン。自宅で簡単に作ることの出来る、黒胡麻と味噌を使った美味しい盛岡じゃじゃ麺の作り方です。



■材料(二人分)
・うどん麺…2~3麺
・豚ひき肉…80~100g
・ニンニク…1個
・生姜…10g
・玉ねぎ…1/4個
・ネギ…1/4本
・ごま油…大さじ1
・酒…大さじ2
・みりん…大さじ1
・白ごま…大さじ2
・黒ごま…大さじ2
・味噌…50g
・八丁味噌…30g
・水…半カップ…100cc

■薬味や具
・キュウリや紅しょうが、ネギやトマトなど
・おろしニンニク、おろし生姜、ラー油、酢

玉ねぎ、ネギ、ニンニク、生姜 みじん切りにした玉ねぎとネギ、ニンニク、生姜
■野菜の下準備
・生姜とニンニク、ネギ、玉ねぎを細かくみじん切りにする。

フライパンに生姜とにんにくを炒める ひき肉を入れる ぽろぽろになるまで炒めたひき肉
■ひき肉を炒める
・フライパンに胡麻油を入れ、生姜とニンニクを炒める。
・ニンニクの香りがしてきたらネギと玉ねぎを入れて玉ねぎの色が透明になるまで炒める。
・玉ねぎが透明になったらひき肉を入れ、ポロポロになるまでしっかりと火を通す。

白味噌と八丁味噌 炒めたひき肉に味噌とみりんを入れる 酒と水を入れてどろどろになった肉味噌
■肉味噌を作る
・炒めたひき肉に味噌とみりんを入れる。
・酒と水を入れて味噌を溶きながら煮詰めていく。

胡麻をすり鉢でする すり胡麻を入れて煮詰めた肉味噌
■すり胡麻を入れて煮詰める
・白ごまと黒ごまを炒り、すり鉢でする。※市販のすり胡麻でも十分美味しく出来ます。
・肉味噌に入れてさらに煮詰める。
・水気が飛んでどろりとしてきたら火を止める。
★時間があれば一晩寝かせると、味がなじんで美味しくなります。

自宅で作る美味しい盛岡じゃじゃ麺
■お皿に盛りつけたら出来上がり
・うどん麺を茹でて盛り付ける。※茹で汁は残しておきます。

お皿に盛ってキュウリの千切りや紅しょうが、トマトなどを乗せたら出来上がり。おろし生姜やおろしニンニク、ラー油や酢をお好みでかけながらいただきます。

麺を食べ終わったらお皿に生卵を割り入れ、茹で汁を入れて鶏蛋湯/チータンタンスープに。

肉味噌を作って味見をするとびっくりするぐらい味が濃いのですが、うどん麺とかき混ぜていただくとやみつきになる美味しさ。 最後にいただく鶏蛋湯/チータンタンが味の濃い肉味噌と相性抜群、最後まで美味しくいただける盛岡じゃじゃ麺です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク スポンサードリンク
余白

「麺料理のレシピ」

A子のレシピ集-トップ
主婦A子のレシピ-トップ
お肉のレシピ
お魚のレシピ
野菜のレシピ
ごはんもの
麺のレシピ
煮込み、煮物
炒めもの
刺身、カルパッチョ
おつまみ
味噌汁、スープ
和食のレシピ
中華のレシピ
洋食のレシピ
お魚のお話
お野菜のお話
お肉のお話
ブログ
主婦A子の絶品おうちごはんバナー

主婦A子のレシピが1冊の本になりました。kadokawa様より、タイトルは「主婦A子の絶品おうちごはん」となります。

新着レシピ

A子のレシピ-トップ
主婦A子のレシピ-トップ
お肉のレシピ
お魚のレシピ
野菜のレシピ
ごはんもの
麺のレシピ
煮込み、煮物
炒めもの
刺身、カルパッチョ
おつまみ
味噌汁、スープ
和食のレシピ
中華のレシピ
洋食のレシピ
お魚のお話
お野菜のお話
お肉のお話
ブログ
家族ごはん、全レシピ
おつまみの全レシピ
レシピカテゴリアイコン  サイト管理人、主婦A子

神奈川県茅ヶ崎市在住。夫と4歳になる長男の三人家族。DTP及びWEBデザイナー時代のスキルを生かし、2014年よりレシピを中心としたオリジナルサイト「主婦のミカタ」を運営…続きはこちら >