買い物 生活 主婦

「肉豆腐 レシピ」
簡単で美味しい一人用土鍋を使った肉豆腐の作り方。

主婦A子のレシピ-トップ
お肉のレシピ
お魚のレシピ
野菜のレシピ
ごはんもの
麺のレシピ
煮込み、煮物
炒めもの
刺身、カルパッチョ
おつまみ
味噌汁、スープ
和食のレシピ
中華のレシピ
洋食のレシピ
お魚のお話
お野菜のお話
お肉のお話
ブログ

今月も主婦A子のレシピはどんどん新作レシピをアップします。

こちらは旧デザインとなるので、ぜひトップページから新着レシピをご覧ください。
スポンサードリンク



簡単、肉豆腐のレシピ

一人用土鍋の肉豆腐
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人用土鍋で作る、美味しい肉豆腐の作り方

100均でも購入出来る、お安い一人用土鍋を使った簡単肉豆腐です。
牛肉でも豚肉でも作り方は一緒。お豆腐も絹や木綿、焼き豆腐などお好みのものを使えば美味しい肉豆腐に。 和風出汁を使った上品な肉豆腐から本だしを使ったお手軽肉豆腐まで、おかずにもつまみにもなるおいしい肉豆腐レシピです。



■材料 1~2人分


・豚/牛切り落とし…100~150g
・豆腐…半丁
・長ネギ…1/2本
・万能ネギなどの薬味…適量
・醤油…大さじ1
・酒…大さじ1
・みりん…小さじ1
・砂糖…小さじ1

■だし汁(だしの素でも可)
・昆布、鰹節

一人用土鍋に入れた和風出汁 醤油、酒、みりん、砂糖を入れる

■煮汁を作る


・だし汁1カップを土鍋に入れる。
・醤油と酒、みりん、砂糖を入れる。
★だし汁は規定量のだしの素を溶いた水で代用可。※だし汁の取り方は下記参照
★鍋によっても分量は変わるので、味見をして調整してください。

水に昆布を入れる 昆布の煮出し方 鰹節の煮出し方
美味しく作るコツ

だし汁/和風出汁のとりかた


・一時間前から昆布を水につける。
・弱火でゆっくりと10分程度昆布を煮だす。※最後に軽く沸騰するような火加減です。沸騰したまま煮ないように注意。
・火を止めて昆布を取りだし、鰹節を入れる。 ・極弱火で1~2分煮出し、沸騰寸前で火を止める。
★昆布も鰹節も水に対して1%が基本、水1リットルならそれぞれ10gとなります。

鰹節を濾す 和風出汁
・鰹節を濾したら出来上がり
※詳しい出汁のとり方はこちら「和風だし/だし汁の作り方」

肉の煮込み方 一人用土鍋にきれいに並べた煮込んだ肉と豆腐、ネギ 肉豆腐を煮込む

■具を煮込む


・煮汁を強火にかけ、沸騰直前に肉を入れる。
・肉の色が変わったらすぐに火を止める。
・大きめに切った豆腐と斜め切りにした長ネギを鍋に盛り付ける。
・蓋をして10分程度弱火で煮込む。
★具はしいたけなどのきのこ類を入れても、おいしい肉豆腐になります。

一人用土鍋の美味しい肉豆腐

■肉豆腐の出来上がり


・万能ねぎや七味など、お好みの薬味を散らせば出来上がり。
使っている一人用土鍋は100均で購入出来るもの。そのまま食卓に出せるので、洗い物も少なく最後まで熱々でいただくことが出来ます。

タイトルアイコン 関連レシピ
「和風だし/だし汁の作り方」
レシピで見かける「だし汁」は、昆布と鰹節を使った合わせ出汁の事。 簡単に作れるだし汁の作り方から水出しの方法、煮干し出汁の取り方、下処理/下ごしらえまで、美味しい和食を作る和風だしのレシピです。
「居酒屋の牛すじ煮込み」
小さな居酒屋さんで頼むような、よく煮込まれて黒くなった昭和下町の牛すじ煮込み/すじこんです。 じっくりと煮込むことでトロトロとやわらかく、ダイコンやコンニャクまでしっかりと味がしみ込んだ美味しい牛すじ煮込みです。
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク スポンサードリンク
余白

「おつまみのレシピ集」

主婦A子のレシピ-トップ
主婦A子のレシピ-トップ
お肉のレシピ
お魚のレシピ
野菜のレシピ
ごはんもの
麺のレシピ
煮込み、煮物
炒めもの
刺身、カルパッチョ
おつまみ
味噌汁、スープ
和食のレシピ
中華のレシピ
洋食のレシピ
お魚のお話
お野菜のお話
お肉のお話
ブログ
主婦A子の絶品おうちごはんバナー

主婦A子のレシピが1冊の本になりました。kadokawa様より、タイトルは「主婦A子の絶品おうちごはん」となります。

新着レシピ

A子のレシピ-トップ
主婦A子のレシピ-トップ
お肉のレシピ
お魚のレシピ
野菜のレシピ
ごはんもの
麺のレシピ
煮込み、煮物
炒めもの
刺身、カルパッチョ
おつまみ
味噌汁、スープ
和食のレシピ
中華のレシピ
洋食のレシピ
お魚のお話
お野菜のお話
お肉のお話
ブログ
家族ごはん、全レシピ
おつまみの全レシピ
レシピカテゴリアイコン  サイト管理人、主婦A子

神奈川県茅ヶ崎市在住。夫と4歳になる長男の三人家族。DTP及びWEBデザイナー時代のスキルを生かし、2014年よりレシピを中心としたオリジナルサイト「主婦のミカタ」を運営…続きはこちら >